【遅延発生】エアロキング祭が延期に!

全車「都営バスだけ」のバスコレスペシャルのシークレットは【ガスエアロ】だ!

KL-MP37JK改 バスコレ N-L120 都バス

バスコレ新シリーズ「都バススペシャル」のシークレットをご紹介!

・2020年12月24日にトミーテックから発売された新シリーズのシークレットが当たりました!

今回のシクレは、CNG(Compressed Natural Gas)仕様の【三菱ふそうエアロスター】でございます。

そして、気になる裏シクレは唯一の観光車『いすゞ新型ガーラ』でした!現行カラーのエアロスターだと思っていたので意外でした。

・それでは、さっそく見ていきましょう!

CNG仕様の激レアなエアロスター!

バス会社都営バス
製造会社三菱ふそう「MFBM」
型式KL-MP37JK改
年式2003年式「平成15年」
全長10.455m
車両ナンバー練馬200か・988
バスコレナンバーS038
走行システム不明
車番N-L120
行先東43 田端駅経由 荒 川 土 手

通常のMP37と比較!

左側 KL-MP37JK改、右側 KL-MP37JK

・左側は今回のシークレットである「KL-MP37JK改」、右側は通常ラインナップの「KL-MP37JK」です。

公式側の大きな違いは、CNGあり/なし・窓ガラスの仕様・側面の表記と言ったところでしょうか。

あと、細かい部分を探せば「行先表示器・フロントのエンブレム・表記」ですね。

CNG仕様車の場合、側面に【CNG Non-Step Bus】と表記されていますが、通常車の場合、【Non-Step Bus】とだけ表記されています。

・デジタル&幕のエアロスターの並びは最高ですな!

 

非公式側(右)の大きな違いは、前方のドレンコックの位置が異なる・ガスの補給口がある・側面の表記。

アリソン製のAT車だと!?

・なんと、変速機はアリソン製の【トルコンAT】が採用されていました!MT車だと思っていたので驚きました。

ちなみに、エンジンは『6D24-CNG』という直6が採用されています。実際のエンジン音はこちら⇩

・同じくアリソンを採用する現行の「MP38」とは音が全然違います。でも、変速のタイミングは似てますよね。

さて、非常口の下の方には、「人と地球にやさしい CNG・ノンステップバス」と書いてあります。

また、最後部の窓だけ「逆T字仕様」という特徴があります!不思議ですね。

まとめ

・今回は、都バススペシャルのシークレット【CNG エアロスター】をご紹介しました。

プロトタイプされた N-L120 は、江戸川自動車営業所「臨海支所」に所属していました。

・CNG車は、日野ブルーリボンシティHYBRID などのバスと違い、燃料を使用せず『ガス』を使って走るので環境にとても良いバスです。

ですが、ガスを補給する場所が限られるため、ガソリン&電池で走る『HYBRID BUS』が誕生しました。

・本当に環境に良いバスはどちらなのでしょうか?それでは、今回は失礼します。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »