【リゾートビーチ】東京バス

横浜のエアロスターが引退か|市民の足として最後まで輝き続けた1台|沖縄バス

沖縄バスの市営

横浜市営からのエアロスターが引退か

・今回は、那覇-南城市役所線を主に担当していた【エアロスター】の引退情報をお届けします。

同時に、横浜時代は『8-2574』だった734号車も引退を迎えました。

・それでは、さっそく見ていきましょう。

 

ふそうエアロスター|8-2576

沖縄バスの市営横浜市営時代は8-2576として活躍していた。

・横浜市営バス時代は『8-2576』として、本牧系統を主に担当していました。

沖縄バスに移籍してからは、最終的に『那覇南城市役所線』で主に活躍していました。

大里グリーンタウンなどを経由する路線のため、市民の足として最後まで輝き続けました。

 

バス会社 沖縄バス株式会社
製造会社 三菱ふそう[MBM]
型式 KC-MP717M
年式 1998年式[平成10年]
車両ナンバー 沖縄200か・738
備考 2022年7月上旬頃に引退

 

休憩中の738号車

沖縄バスの休憩基本的に南城市役所で出会う機会が多かった。

・沖バスの中では数少ない『4枚折戸車』でした。

バリアフリー対応のため、中扉は開閉するようになっていました。

MP717系の大型クーラーが良いですね(*´ω`*)

 

沖縄バスの横浜市営定刻通りに出発した。

・沖バスは基本的に『神奈中スター・MP38天国』なので、市営は新鮮でした。

現在、現役の同型車は[737号車903号車]の2台です。2022年7月21日現在の情報です。

 

大型の4枚折戸式ドア

エアロスターの4枚折り戸通常の引き戸よりもインパクトがある。

・4枚折戸式ドアは、主にワンステップバスに多く採用された扉です。

車いすはもちろん、ベビーカーにも対応します(^^♪

車高が高く、現行の路線バスとは印象が全然違います。

 

おさらい

沖縄の三菱ふそう

・今回は、横浜市営から移籍した【エアロスター】の引退情報をご紹介しました。

現在は、リアバンパーやデジタル行先表示器が取り外され、着々と引退の準備が行われていました。

・それでは、今回は失礼します。画像はすべて安全に配慮して撮影しました。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »