【神奈中創立100周年】おめでとう!

【沖縄バス】馬力・トルクのどちらもMP38に勝る問題児!?|沖縄200か601

三菱路線バス

300馬力も発揮できる〈MD92TJ〉を搭載した沖縄バスの問題児!?をレビュー

・今回は、那覇⇔名護線を主に担当する沖縄バスの【601号車】をご紹介します。

601号車は、641号車・717号車との兄弟車で、高出力エンジンMD92TJが搭載されています。

アリソン製のトルコンATを標準装備する『MP37/MP38』よりも高馬力です!ご期待ください。

・それでは、さっそく見ていきましょう。

沖縄バス|沖縄200か・601

バス会社沖縄バス株式会社
製造会社三菱ふそう「MFBM」
型式PKG-MP35UK
年式2008年式「平成20年」
全長10.51m
車両ナンバー沖縄200か・601
車番601
系統77|辺野古 那 覇バスターミナル

Busマスク装備中!

・601号車は、フロント部分に「Busマスク」を装備しています~今のご時世らしいですよね。

この日は、那覇⇔名護を約3時間ほどかけて結ぶ【77辺野古 那 覇バスターミナル】線を担当しておりました。お疲れ様です♪

やはり、高馬力の車両だからこそ坂道の多い77番に投入されているのでしょうね~特性を見事に生かす沖縄バスさん、最高です👍

・2008年に新車導入された車両のため、「沖Bus」エンブレムが車体側面に取り付けられています。立体感があって、良いですね(^^♪

 

走行音はこちら⇩

高馬力車同士の並び☆

・おぉ!高馬力車同士が並びました~熱い展開です👍

右側の1089号車のエンジンスペックは⇩

型式QKG-MP38FK
全長10.705m
エンジン型式6M60(T2)|直6TI
馬力270PS
トルク785N(80㎏/m)

こちらになります。

・そして、問題児!?と思われる601号車のエンジンスペックは⇩

型式PKG-MP35UK
全長10.51m
エンジン型式MD92TJ|直6TI
馬力300PS
トルク1324N(135㎏/m)

こちらになります。

・馬力、トルクのどちらも完全に601号車の圧勝ですね!さすが、問題児なだけありますな(

現行のMP38などは、結構パワーもあって力強い印象でしたが、上には上がいるものです。まぁ、AT車ということを踏まえると・・・どちらも凄いですね()👍

名護バスタらしい風景

・今となっては、名護バスタ限定となったこの風景。元Kanachuミディと601号車の珍しい並びをご覧あれ Σ(・□・;)

エアロミディのナンバーは「610」、エアロスターのナンバーは「601」・・・少し似ていませんかね?面白いですな。

あと、系統番号も〈67番〉と〈77番〉・・・わざと似せてきているのでしょうか?(

・愉快な姿をゆっくりとした雰囲気で眺められるのが、名護バスタの魅力かなと個人的に思います。

まとめ

・今回は、MP38にも勝るほどの高出力車【601号車】をご紹介しました。

600番台の車両ですが、新車導入のおかげか今でも元気そうに走っております(^^♪

AdBlue給水口の上部には、今となっては珍しくなったがんばろう日本、負けるな 東日本のステッカーが貼られたままです👍

ターボ音も馬力/トルクも最高の「MD92TJ」搭載の601号車。魅力溢れるバスですよ~!

・それでは、今回は失礼します。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »