【神奈中創立100周年】おめでとう!

迫力満点!那覇バスの【具志営業所】に行ってみた|6番専属車も登場

沖縄200か892

那覇バスの〈具志営業所〉名物、KV234/LV290の最&高の並びをレビュー

・今回は、新「具志営業所」名物?の【KV234】の圧倒的並びや11番などをご紹介します。

最近、元KEIKYUのERGAや新車導入のKV234だらけになってきた市内線。キュービックなどのKC-規制車と会う頻度が少なくなってきたように感じます。

古いバスがどんどん廃車になるのは寂しいですが、逆に感動するような並びが見れるようになったのも事実。複雑な心情です(

・それでは、さっそく見ていきましょう。

圧巻!QPG-KV234L3の並び

・6台中、5台が【QPGKV234L3】です!本当にノンステップバスの時代ですね。

手前から⇩

沖縄230あ15-35市外線仕様車
沖縄230あ15-36市外線仕様車
沖縄230あ13-31市内線仕様車
沖縄230あ15-33市内線仕様車
沖縄230あ13-37市内線仕様車
沖縄230あ18-12市内線仕様車

の順に止まっています。

・新車の場合、13-番台は「2013年式」、15-番台は「2015年式」、18-番台は「2018年式」の車両となっており、ナンバーで〈年式が分かる〉という特徴があります👍

ちなみに、13-・15-番台車は【QPG-KV234L3】、18-番台の市内線仕様車は【2KG-LV290N2】です。

・一度に市外線と市内線を拝めるのが具志営業所の魅力の1つです。真夏の沖縄でも30分ほどは眺めていられます👍

 

11番|壷川⇨安岡⇨石 嶺

・KV234/LV290の感動する並びを眺めていると、石嶺行きの【11番】がやって来ました!もちろん、QPG-KV234L3 です。

奥の方にチラリと写る同型の市外線仕様車と市内線仕様車のツーショット👍 最高の一言です。

市内線は、前乗り中降り仕様になっており、運賃は定額の大人:240円小児:120円となっています。2021年5月15日現在の情報です。

 

・いってらっしゃーい!と言いたくなるような一枚()安全運転で宜しくお願いします。

営業所から出発するときの迫力は凄いですよ~ついつい、1人でも「おぉ!」と言ってしまいます(^^♪

ENEOS那覇バスの異例の組み合わせ!最高にテンションが上がります👍

公式側はもっとヤバい!?

・非公式側(右側)の迫力も凄いですが、公式側はもっと迫力があります!それが、こちら⇩

 

・わぁ~!KV234の美しさを改めて感じるこの1枚👍 我ながら100点です(

ヘッドライトが点灯しているのも個人的にポイント高いです♪

タイヤが左側に傾いており、バスのかっこよさが〈100%〉伝わってきます~キュービック バージョンも見たいな。

・14-26号車は、デジタル行先表示機の左右に車いす対応ステッカーが貼られています。6番で運用されているからでしょうか?

愛しのキュービックちゃん発見!

・待機中のKV234に見守られながら洗車機を通る私の愛しのキュービックちゃん

フロントのデザインが好きなんですよね~この気持ちがわかる方、結構多いと個人的に思っています(^^♪

ゼクセル製のエアコンがピカッと輝いていますね~本当に美しいバスです👍

・892号車は、ナンバー的に割とOKINAWAのキュービックの中では若いほうですが、いつ廃車になるか分からないので、お早めに乗りたい・撮りたい車両です。

まとめ

・今回は、NEW『具志営業所』をご紹介しました。

9番や101番・17番はもちろん、111番で使用される〈セレガR・ニューエアロ〉の他、6番の専属車にも一度に出会えるのが魅力ポイントです👍

また、9番がメインのキュービックや神奈中古に会えるのもその1つです。

KV234市内線バージョンの圧倒的迫力を楽しみたい方は、足を運んでみても良いかもしれません。

・それでは、今回は失礼します。画像はすべて敷地外から撮影しました。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »