【リゾートビーチ】東京バス

羽田空港でお馴染み!京浜急行バスの日野新型セレガ|【バスコレ】

京急に3台だけのセレガがバスコレ化

・今回は、バスコレクション第10弾で登場した「京浜急行バス」をご紹介します。

なんと、京急に3台しか所属していなかった折戸の新型セレガが製品化されました!

・それでは、さっそく詳しく見ていきましょう。

 

京浜急行バス K3602

バス会社 京浜急行バス株式会社
製造会社 日野自動車「JBUS」
型式 ADG-RU1ESAA
年式 2006年式『平成18年』
車両ナンバー 品川200か1454
バスコレナンバー 110

このバスは、Jピラーが窓ガラスまで伸びています!ちなみに非公式側も同様になっています。

 

イケメン新型セレガ

・行先表示機には【 羽田空港 】と表示されています。

フロント部分には京浜急行のエンブレムシグネチャーライトが付いています。

グリルはしっかりとセレガ仕様ですね。

 

KEIKYU  LIMOUSINE

・前扉は【折戸仕様】です。実は、折戸が注目ポイントなのです。

側面の行先表示機にも「 羽田空港 」と表示されています。

ホイールは【ISO10穴スチール】を使用しています。ですが・・・

 

もともとトミーテックさんは、8穴スチールを採用していました。

当時の技術力では再現不可能だったようです。

 

リアのホイールも個人的に変更しました。ISO10穴が似合いますね!かっこいい。

このバスにトイレは付いていません。

また、初期型なので尿素水の補給口も付いていません。

 

ここにも KEIKYU LIMOUSINE

・リアの行先表示機にも【 羽田空港 】と表示されています。

この表示機は、特注品なので通常よりも大きくなっています!

リアにも【KEIKYU LIMOUSINE】と書いてあります。

さて、エンジンの型式&馬力は・・・

 

型式は? E13C<ET-XI> 直6TI エンジン
馬力は? 380PS

こちらになります。

 

おさらい

・今回は、バスコレクション第10弾で登場した京浜急行バスをご紹介しました。

現在、製品化されたK3602号車は、秋北バスに移籍した模様です。

・それでは、今回は失礼します。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »