【AERO KINGスペシャル】BKG-MU66JS 初登場!

年式によって異なる「日野HR」|違いを【バスコレ】で解説します!

BUSLife Vol.4を最近久しぶりに読んでいると、日野HRの沼に浸かってしまったので今回は、HRの魅力をお伝えします。

HRの魅力を伝えるために今回は、バスコレクション第18弾で登場した京王電鉄バス・岐阜バスを使用します。

・それでは、スタートです。

日野HRの歴史

日野HRは、1999年から生産を開始させました。【10.5m車・9m車・7m車】の3種類のタイプがあります。

10.5m車は「2000年」から販売が開始しました。

この年代のHRの型式は、10.5m車が【KL-HR1JNEE】、9m車が【KK-HR1JKEE】、7m車が【KK-HR1JEEE】です。

ミッションは3種類とも直結5段仕様の「FFシフト」です。

エンジンは「直6」で、J08C<J-VA>(220PS)・J08C-NA(205PS)の2タイプがあります。

 

次に、PB・PK-代のHRの特徴を紹介します。2004年から生産が開始されました。

この代からは「7m車」は生産中止となりました。

9mの【PB-HR7JHAE10.5mの【PK-HR7JPAE】だけが生産されました。

この時代からは、どちらとも【直5TI エンジン】に変更されました。

あと、いすゞエルガJ も同時に「10.5m限定」で発売しました。

 

次に、BDG-代のHRの特徴を紹介します。2007年から2010年まで生産されました。

この代から「9m車」は生産中止となりました。最後まで生き残ったのは【10.5m車】でした。

あと、いすゞエルガJ の生産も中止となりました。

型式は、【BDG-HR7JPBE】です。エンジンは「直5TI」で、馬力は「225PS」です。

さて、ここからは【KL-代、PK・BDG-代】の違いをバスコレで見ていきましょう。PK-代とBDG-代は特に変わりませんので、PK-代は省略させていただきます。

 

KL-HR1JNEE

こちらは、京王電鉄バスの2001年式の【KL-HR1JNEE】です。

前扉のドアコックは、C104の下にある【丸みのあるパネル】です。ノンステップバスと書かれているパネルは、【車内の空気を入れ替える】ものです。

開けると車内に外の新鮮な空気を入れることができます。

ここからは、公式側・非公式側・リアの順に見ていきましょう。

 

まず、番は【中扉ドアコック】です。

次には【燃料給油口】です。KL-代のHRは、ドアコックと給油口の位置が近いのが特徴です。

は【エンジンルーム点検扉】です。KL-代は、エンジンが横置きなので点検扉の幅が狭いです。

次に非公式側を見ていきましょう。

 

は【非常口】です。KL-代は、車体中央部分に非常口を設置しました。なかなか珍しいですよね。

は【エンジンルーム点検扉】です。横置きなので幅が狭いです。

次にリアを見ていきましょう。

 

番は【尾灯】です。KL-代のHRは、少し高めの位置に設置されています。これは、エンジンが横置きのせいで通風孔が必要とされました。

そのため尾灯が少し高めの位置にあります。

番は【ナンバー・番号灯】です。ナンバーが右寄りにあるので番号灯も右寄りに設置されました。

さて、エンジンの型式&馬力&トルクは・・・

型式は?J08C<J-VA> 直6 エンジン
馬力は?220PS
トルクは?569N(58㎏)

こちらになります。

では、次に「PK・BDG-代」を見ていきましょう。

BDG-HR7JPBE

こちらは、岐阜バスの2008年式の【BDG-HR7JPBE】です。

前扉のドアコックの「大きさ・形」がKL-代とは違いますね。車内の空気を入れ替えるパネルもありません。

ここからは、公式側・非公式側・リアの順に見ていきましょう。

 

まず、のパネルは【中扉ドアコック】です。KL-代に比べて少し低い位置にあります。

次には【燃料給油口】です。KL-代は、ドアコックの横にありましたが、後輪の後方にあります。

は【エンジンルーム点検扉】です。KL-代と比べて幅が広がりました。これは、エンジンを縦置きに変更したからです。

次に非公式側を見ていきましょう。

 

は【非常口】です。KL-代は、後輪の前方に取り付けられていましたが、後輪の後方に取り付けられています。

は【エンジンルーム点検扉】です。理由は、公式側と同じく縦置きにしたからです。

次にリアを見ていきましょう。

 

は【尾灯】です。KL-代と比べて尾灯類の位置が下に下がりました。リア部分の見分けポイントですね。

は【ナンバー・番号灯】です。ナンバーが中央にあるので番号灯も中央部分に設置されています。

さて、エンジンの型式&馬力&トルクは・・・

型式は?J07E-TG 直5TI エンジン
馬力は?225PS
トルクは?657N・m(67kg・m)

こちらになります。

まとめ

さて、今回は日野HRの魅力をお伝えしました。

HRには【3種類のタイプと3種類の型式】があることを知っていただけたでしょうか?

年式によってパネルの位置や非常口の位置などが異なります。

HRを見かけたときは、公式側やリアなどを見て型式を見分けてみましょう。一瞬で見極める事ができたらかっこいいですよね。

それでは、今回は失礼します。

 

尾灯・非常口の位置など細かく再現されたバスコレ18弾はいかが?

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »