【AERO KINGスペシャル】BKG-MU66JS 初登場!

関電トンネル最終便 トロリーバス300型:鉄コレだけどこれはバスコレでもあり?

今回は今年の4月に発売されたばっかりの『関電トンネル トロリーバス 300型』を紹介します!

※ ちなみにこれは『鉄道コレクション』として販売されました。

私から見たらバスコレだろ!と言いたいのですが、鉄コレとして売っているから何とも言えないんだよなぁ~。

(だってさぁ~形的にこりゃバスだ・・ろ)と言おうとして気付いたのですが、屋根になんか付いてますね!

こりゃなんだ!と思ったのでさっそく調べたら・・・

結果的に・・立派な鉄道でした(笑) まぁそりゃそうだよね。 ふつうに考えて屋根にあんなの無いでござるよねー

屋根に付いているのは『トロリーポール』という名前のものでこれは電車に付いている(パンタブラフ)と同じ『架空線から電気を集めるという役割』をするやつですよ~。

だから電車扱いされているのでしょう!やっとこれで鉄コレで売られていることがわかりました。 『燃料を入れそうな場所も無いもんね』

関電トンネル トロリーバス 315号車

車体大阪車輪工業製
年式1993年式(平成5年)
鉄コレナンバーム003
鉄コレ〇弾?関電トンネル トロリーバス 300型

ヘッドライトはどうやら三菱のザ・グレートのを使っているようです!

10穴?

ホイールは10穴使用ですね~ってことは高馬力なのかも!

ドアの横にあるフタは『ドアコック』じゃよー

スイングドア2つ!

中扉はスイングドアのように開くタイプを使ってますね。

屋根には何かしらの機械類がありますねぇ~

シートは?

ホイールは前のと同じ10穴だ!

シートのカラーは『赤』と中々見ないやつが使われているね。

エンジンナにそれ?

見た目的にもエンジンは搭載されてません! ではいったい何があるのでしょうか?・・

中には電気系統類のものがたっぷりと積まれているのですよ!(絶対とは限りません!)

 

まとめ

やっと!私はこの『関電トロリーバス』が鉄コレで販売した理由がわかりました!( まぁそりゃふつうのバスには無いものがいっぱいありましたからね。)

これはもう立派な 鉄道 だね。

このような商品は中々無いので今のうちに手に入れたほうがいいと私は思います!(なぜなら)

今ならまだアマゾンで『1500円』くらいで購入できるからだ!

人気がでたらもっと値段は上がるからね。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »