【パルコシティ行】東陽バス

バスコレで行こう15 |晴れの国「岡山県」で活躍する最新のセレガ|中鉄観光バス

バスコレ初の EDSS 搭載モデルが再現された最新の日野新型セレガ

晴れの国で有名な岡山の海、山へは桜色の【中鉄観光バス】で行こう!でお馴染みの車両を今回は紹介します。

宇宙をイメージした車体カラーが美しい岡山県ナンバーワンの観光バスです (^^♪

このバスコレの発売日・値段は・・・

発売日は 2019年11月
値段は 1200円(税抜)

こちらでございます。

・それでは、さっそくプロトタイプされた車両の魅力などを見ていきましょう。

 

ザ・宇宙|バスコレ

60名乗り仕様の大型観光バスだ。

 

バス会社 中鉄観光株式会社
製造会社 日野自動車『J BUS』
型式 2TG-RU1ASDA
年式 2019年式『平成31年』
全長 11.99m
車両ナンバー 岡山201あ・・・1
バスコレナンバー N235
商品名 ザ・バスコレクション バスコレで行こう15 中鉄観光バス

・2014年に中鉄カラーで「宇宙」をイメージしたグラデーションデザイン、マスコット的な「チェリーちゃん」が登場しました!

中鉄観光バスは、【心にひびくサービス】を目標にお客様に愛される会社となるように取り組んでいます。

・さて、ここからは公式側&非公式側の違いを見ていきましょう。まず、両側の塗装の違いは特にありませね。

公式側には前扉・EDSS・燃料給油口・AdBlue給水口・貫通トランク3本があります。

非公式側には燃料給油口・EDSS・貫通トランク3本・非常口があります。

これが、両側の主な特徴と言ったところでしょうか。

【EDSS】について詳しく知りたい方はこちらの動画をご視聴ください。※ 2分47秒あたりの視聴をオススメします。

 

・ホイールは【10穴アルミ(アルコア)】で、冷房装置は【機関直結式】を採用しています。

 

フロント&リア部分

 

エンジンはA09C-UV<AT-VⅢ>を搭載しており、馬力は360PS・トルクは1569N(160㎏/m)だ。

・フロントの行先部分には【中 鉄 観 光】と大きく書かれています。

ワイパー部分には「HINO SELEGA」と書いたエンブレムがあります。

ナンバープレートは、オリンピックナンバーが採用されています。

次にリア部分を見ていきましょう。エンジンパネルには「日野エンブレム」が付いており、リアにも「HINO SELEGA」と書いたエンブレムが付いています。

・[Chutetsu]の横には、チェリーちゃんがいますね。

 

まとめ

今回は【バスコレで行こう15 中鉄観光バス2TG-RU1ASDA」】を紹介しました。

2TG-代の車両ということで「EDSS搭載車」でした!この装置があれば運転手さんもお客さんも安心だよね。

さて、話は変わりますが、このバスコレで1番凄いと思った個人的ポイントがあります。それは・・・

 

・非常ブレーキ(EDSS)のステッカーまで再現されていたことです!

1番前の座席の上部に赤いステッカーがありますよね。これが、非常ブレーキ(EDSS)搭載の意味を示しています。

こんな細かいところまで再現バスコレ最高です(

・それでは、今回は失礼します。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »