【神奈中創立100周年】おめでとう!

エアロキングを図鑑風に紹介!JRバス関東発足30周年記念【バスコレ】

バスコレクション ジェイアールバス関東発足30周年記念2台セット【三菱ふそうエアロキング】を図鑑風に紹介します。

バスコレでエアロキングが製品化されたのは、このジェイアールバス発足記念2台セットが初となります!

キングが製品化!という情報を見たときは心が舞い上がりました(

それでは、さっそくバスコレ初のエアロキングの魅力を見ていきましょう。

その前に

バス会社ジェイアールバス関東株式会社
製造会社三菱ふそう
型式MU612TX
年式2004年式「平成16年」
全長11.99m
車両ナンバー足立200か1138
バスコレナンバーN160
走行システム非対応(2020年5月現在)
商品名ジェイアールバス関東発足30周年記念2台セット

スペックはこちらになります。

SHDとは違った迫力がありますね。

これぞ二階建てバス

正面から見ると【ザ・二階建てバス】となりますよね。

行先表示には新宿駅・東京駅と表示されています。新宿と言えばバスタ新宿ですよね。

二階建てなので二階部分にも「ワイパー」が付いています。

前扉のドアコックは、フォグランプの左側にあるパネルです。あの中にスイッチが隠されています。

ふそうエアロ王様

3軸のバスって本当に珍しいよね。

公式側の主な特徴を見ていきましょう。

左から、は【前扉】・は【行先表示機】・は【中ドアコック】・は【中扉】・は【貫通式トランク】です。

次に、は【冷房用サブエンジン】・は【エンジン】です。

これが公式側の主な特徴と言ったところでしょうか。

ちなみに、中扉の右側には【二階席に行く階段】があります。そのため、窓ガラスは黒で塗りつぶされています。

王様の非公式側

非公式側の特徴を見ていきましょう。

右から、は【サブエンジンの燃料給油口】・は【エンジンの燃料給油口】・は【非常口】・は【非貫通式トランク】・は【貫通式トランク】です。

次に、は【サブエンジン】・は【エンジン】・は【ラジエター液の補給口】です。

これが非公式側の主な特徴と言ったところでしょうか。

の「非貫通式トランク」は、二階に上がる狭い階段の余った下のスペースを使っています。隙間を無駄なく活用しています。

ここにも非常口

行先表示機には【新宿駅・東京駅】と表示されています。

JRと大きく書かれている右側には【非常口】があります。

これは、二階席の方々が避難するようです。開けるとハシゴが下りてきます。

さて、エンジンの型式&馬力&トルクは・・・

型式は?8M21-3 V8エンジン
馬力は?430PS
トルクは?1520N(155㎏/m)

こちらになります。

バックアイカメラも装備されています。

まとめ

今回は、ジェイアールバス関東発足30周年記念2台セット【エアロキング】を図鑑風にご紹介しました。

エアロキングの魅力や凄さが少しは伝わりましたか?

キングの最大級の魅力と言えば・・・

 

3軸ということです!まぁ、二階建てバスというのも最大級の魅力ですが(

1番目のタイヤ・3番目のタイヤは「シングルタイヤ」なので【ステアリング機能】が搭載されています!

2番目のタイヤはダブルタイヤなのでステアリング機能は搭載されていません。

左折・右折する時のタイヤの音は本当に凄い迫力があります。

ちなみに、ホイールは3軸とも【トピー10穴アルミ仕様】です。

それでは、今回は失礼します。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »