【28弾 シークレット】⇒ メーグル紹介中です!

三菱ふそう「2TG-MS06GP」がバスコレで登場!小田急GSEカラー

ザ・バスコレクション 小田急箱根高速バス【GESカラーバス】を今回はご紹介します。このバスは、2018年5月11日より運行を開始しました。

それでは、さっそく詳しく見ていきましょう。

車体カラーが美しい!

バス会社小田急箱根高速バス
製造会社三菱ふそう
型式2TG-MS06GP
年式2018年式『平成30年』
車両ナンバー富士山240あ5181
バスコレナンバーN199

GESカラーは、ワインレッド?が主に使われていますね。個人的に大好きなカラーのバスです!

MS0とMS9のフロントに違いはあるか?

こちらが、MS0のフロントでございます。

次にMS9のフロント部分を見ていきましょう!

 

こちらが、MS9のフロントでございます。バス会社は、小田急箱根高速バスです。

正直に言って、私には【MS0とMS9の顔の違いが、よくわかりません(笑)】

みなさんは、わかりますか?

顔の変化は、よくわかりませんが、シフトの違いならわかりますよ!

恐らくみなさんも知っているとは思いますが、MS9は『6速フィンガーシフト』ですが、MS0は『新型の8速AMT』が搭載されています!

AMT車なので、運転手さんが手動でシフトをチェンジすることも可能です!

ハンドルの近くにある【パドルシフト】で、チェンジしていきます。

MS0にはエンブレムが付いている!?

残念ながら、このバスにエンブレムは装備されていませんが、エンブレム付きの車両は、左右の1番前の窓ガラスに付いています。

 

実際にエンブレム付きの車両は、こちらになります。

【FUSO AERO】と書かれており、カッコいいですよね!

行先は箱根桃源台だ!

行先表示機には【箱根桃源台】と表示されていますね。

フルカラーなので、とても読みやすいです!

ホイールは【10穴アルミ(アルコア)】を装着しています。真ん中部分を黒く塗装しているところが、いい感じだよね。

ちなみにリアホイールも同じく『10穴アルコア』が、装着されていました。

冷房装置はあのタイプだ。

冷房装置は【機関直結式】を使用していますので、トランクは『3本貫通式タイプ』でございます。

1番前のトランクの上には、odakyu と白字で書かれていますね。

冷房装置、車体、車体の下部分は、それぞれ塗装が塗り分けられていますね。

G5181

エンジンのパネル部分には、上から順に【odakyu・G5181】と書かれていますね。

ナンバープレートは『オリンピックナンバー』が、使用されています。

リアの行先表示機にも【箱根桃源台】行きと表示されています。

さて、エンジンの型式&馬力は・・・

型式は?6S10(T2) 直6TI エンジン
馬力は?381PS

こちらになります。

リアスポイラー、車体、リアバンパーのカラーは、それぞれ塗装が塗り分けられていますね。

屋根には車番が書いてあるぞ!

エアコンの近くには【G-5181 小田急】と白字で、書かれていますね。

これなら歩道橋の上から見ても『あっ!小田急のMS0だ!』って、なりますよね。

この角度。なんかエロい

【貫通3本トランク・前扉】が主に写っているという、なんとも言えないこの角度。個人的にちょっとなんかエロいって、思っちゃいます(

まとめ

この車両は、オリンピックナンバーを採用していたので、一瞬『個人所有のバス?』と思ってしまいました(

ナンバーが、白色なのでインパクトがあるな~。と、個人的に思います。

それでは、今回は失礼します。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »