【リムジンバス】 東京空港交通 ありがとう スペースアロー

【バスコレ】国際興業の新旧エルガ 17年のクオリティの差はいかに

バスコレクション 国際興業バス【新旧 いすゞエルガ】を今回は紹介します。

昨日(5月4日)は、みどりの日でしたね。1日遅れですが、今回はみどりの日特別企画です。お楽しみください。

さて、国際興業のエルガは、旧型が「7弾」・新型が「全国バスコレクション」で登場しました。

バスコレ7弾は今から15年前に発売し、全国バスコレクションは今から2年前に発売されました。

それでは、さっそく17年のバスコレの[クオリティの差]を詳しく見ていきましょう。

どっちもいいね

バス会社国際興業バス
製造会社いすゞ自動車
型式KL-LV834L1
年式2000年式「平成11年式」
全長10.425m
車両ナンバー練馬200か191
バスコレナンバー075
走行システムBM-01 対応
バスコレ〇弾?ザ・バスコレクション第7弾

この車両は、ZF製トルコン式の【AT車】です。フルフラットノンステップの「type-B」となります。

 

バス会社国際興業バス
製造会社いすゞ自動車「J BUS」
型式QDG-LV290N1
年式2015年式「平成27年」
全長10.430m
車両ナンバー練馬200か3097
バスコレナンバーJB037-2
走行システム不明
商品名全国バスコレクション <JB037-2>国際興業

この車両は、アリソン製【6速AT車】です。

2台とも「AT車」ですね!国際興業バスは、昔からAT車を多く導入しています。

クオリティの差

これは、7弾で登場した旧型のエルガです。当時の発売価格は驚きの【360円】です!

中扉の近くに大きな【ボス】があります。また、ホイールは、今ではあまり見ない「8穴スチール(旧型)」仕様です。

あと、画像からは伝わりにくいですが、ボディに厚みがあります。

実車には、丸形ベンチレーターが2つ屋根にありますが、バスコレにはありませんでした。

印刷技術は、今のバスコレとあまり違いがないように思えます。

 

こちらは、全国バスコレクションで登場した新型エルガです。当時の価格は【1200円】です!

中扉の近くに【ボス】はありません。ホイールは「ISO10穴」仕様です。

また、ボディに厚みはなく薄いです。コスト削減でしょうか?

印刷技術は、7弾の時代と大きく変わったとは感じませんでした。昔からトミーテックの印刷は凄いです。

これは車種にもよると思いますが、最近のバスコレは【窓ガラスまで印刷可能】ですよね。

透明ガラスではなく「黄緑色」の窓ガラス仕様です。それに比べて7弾のエルガは透明仕様です。

これは技術が発達したからこそできたことだと思います。

あと、エアコンの再現度も高くなっています!丸形ベンチレーターなども再現されています。

まとめ

今回は、バスコレの【国際興業バス 新旧エルガ】を詳しく紹介しました。

どちらもクオリティは高く不満に思う点は少なかったです。

7弾の旧エルガは、ベンチレーターなどが再現されていなくて中心には大きなボスもありました。ですが、価格は【360円】です。

全国バスコレクションの新型エルガは、再現度には文句なしでボスなどもありませんでした。ですが、価格は【1200円】です。

みなさんは、どちらのエルガが好きですか?

それでは、今回は失礼します。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »