【AERO KINGスペシャル】BKG-MU66JS 初登場!

【淡路交通】最後の2ドアエアロバス「575号車」|バスコレ!

今回は、ザ・バスコレクション【淡路交通 さよなら 三菱ふそう 2ドアエアロバス】を紹介します。

バスコレでは、初の「2ドア装備の高速バス」となります!この調子でどんどん2ドア エアロバスをバスコレ化してほしいです!

トミーテックさん、是非ご検討ください(

さて、話は変わりますが、淡路交通は1985年6月から「淡路・徳島線」を運行開始させました。

大阪・神戸から高速船に淡路島経由で四国へ行く方が年々増加し、お客さんがスムーズに乗り降りできるように考えた結果!

1994年から[2ドアエアロバス]の運行がスタートしました!

そして、1998年からはスムーズに乗り降りができることが可能という結果から、[舞子・福良]、[舞子・津名線]へとシフトしていきました。

さて、今回プロトタイプされた車両は、淡路交通 最後の【575号車】でございます。

それでは、さっそく詳しく見ていきましょう。

バスコレ初の2ドアエアロはこれだ!

 

バス会社淡路交通株式会社
製造会社三菱ふそう
型式KL-MS86MP改
年式2001年式『平成13年』
全長11.99m
車両ナンバー神戸230あ575
バスコレナンバーN258
商品名ザ・バスコレクション 淡路交通 さよなら 三菱ふそう 2ドア エアロバス
走行システムBM-03対応

2001年式の[575号車]が、淡路交通最後の「2ドア エアロバス」となりました!

走行システムは、通常のニューエアロバスと同じく【BM-03】に対応しています。

このバスは、改造して2ドア車に変更されたので、型式は「KL-MS86MP改」となっております。

さて、ここからは公式側・非公式側の違いを見ていきましょう。まず、公式側と非公式側の塗装の違いは特にありませんね。

公式側には「貫通トランク2本・中扉」があります!

そして、非公式側には「貫通トランク2本・非貫通トランク1本・非常口」があります!

これが、大きな違いと言ったところでしょうか?

さて、ホイールは【8穴スチール+三菱ホイールキャップ】で、冷房装置は【機関直結式】が採用されています。

中扉を詳しく見ていこう!

中扉は、公式側のリアタイヤの前に付いています。扉の上には、幕式の行先表示機があります。

扉の横には、車外マイク・ドアコックのパネルが恐らく付いています。

ニューエアロバスに中扉が付いていると考えると、不思議な気持ちになりますよね()私だけかな~?

貫通トランク1本分で中扉・車外マイクなどを装備することができるんですね!こりゃ凄い。

トランク1本分の場所に中扉が付いているってことは、乗車口は狭いんでしょうね。

 

※ 開閉を見たい方は、この動画をご視聴ください。

 

フロント&リア~

 

フロント部分は、通常の2001年式ニューエアロバスと違いはありません。

マーカーランプは「ブルー」ですね。座席は「赤」で塗装されています。

次にリア部分も見ていきましょう。リアも2001年式の車両と違いはありません。

リアガラスには【FUSO AERO】と書かれていますね。このバスは「ABS」を搭載しています。

さて、エンジンの型式&馬力は・・・

型式は?8M21-1 V8 エンジン
馬力は?370PS

こちらになります。

店長から一言~

今回は、ザ・バスコレクション【淡路交通 さよなら 三菱ふそう 2ドア エアロバス】を紹介しました。

中扉が付いたことで、通常のニューエアロバスとは違う雰囲気が感じられました!

トミーテックさん、これからも全国の「2ドア エアロバス」をどんどん製品化してください!お願いします。

これは個人的にですが、淡路交通の【スペル・ロゴマーク】ってカッコイイよね!

この金ピカのスペル&オシャレなロゴマーク。私は大好きです!

それでは、今回は失礼します。

 

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »