【リムジンバス】 東京空港交通 ありがとう スペースアロー

【バスコレ】北の島支店が経営危機に陥った #4 <真実を知った>

・これは【#4】です。前回の【#3】を読んでいない方は、#3から読んだ方が楽しめると思います。

永田:フフフ、フフフ、やらかした。そうだった、俺は彼に手伝ってもらっていたんだ。

そして、店長ではなく[水丸]にあの計画を言ったんだ。そりゃ店長が【言われた覚えがない】と言った意味もわかる。

やっちまった、もう社員を解雇してバスも売るしかないのかな・・・。はぁ。

んっ?水丸か。

水丸さん:おっ、さっきはなんで切ったんですか!心配しましたよ。

永田:悪いな、水丸。いきなり切っちまって。

水丸さん:いえいえ、お気になさらず。ところで[喧嘩]ってどういうことですか?

永田:水丸、よく聞けよ。潰れるかもしれない。

水丸さん:はっ?潰れる?なんでいきなり。

永田:実はな店長と喧嘩したんだ。一方的に俺が悪くてな。

水丸さん:そう・・・ですか。では、私がいったん店長と電話して説得してみます。

永田:おいおい、お前はどんだけお節介なんだよ。もう潰れる未来しかない。

水丸さん:そんなことを簡単に言わないでください!私は潰れてほしくない!あと店長と仲直りしてほしい。

私はそう思っているんです、だから一回説得してみるのでちょっと待っててください。

永田:おい、ちょっと待て!勝手にそんなこと・・・するな。って切れてる。

店長:あぁ~今日はいい天気だなぁ、私の気持ち以外。(こんな気持ちだったら安全運転ができない、深呼吸だ)

ふぅ~ふぅ~落ち着いた。にしても弊社のセレガはかっこいいな。美しい!あとで洗車でもするか。

おっ、いい写真が撮れたぞ!Twitterにでも投稿するか。んっ?電話か。

水丸さん:あっ、もしもし店長お疲れ様です。

店長:あぁ水丸さんか。永田だったらキレるところだったよ。

水丸さん:そのことなんですが、少しいいですか?

店長:なに?君はこのこと知ってるの?

水丸さん:知ってるもなにも店長を行かしたのは私ですよ。知ってるに決まっているじゃないですか。

店長:原因は知ってるよな。

水丸さん:えぇ、もちろん。

店長:話が早くて助かるよ。

 

次回「解決への道のり」

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »