【リムジンバス】 東京空港交通 ありがとう スペースアロー

【バスコレ】成田国際空港行きの「京成バス」 ダイムラー製エンジン搭載

成田国際空港(NRT)バスセットA バスコレクション【京成バス(Keisei Bus)】を今回は紹介します。

成田空港は、日本最大級の国際拠点空港です。海外からの貨物などの取扱量が日本1位を誇っている空港でもあります。

セットのラインナップは、東京空港交通・京成バス・成田空港交通でございます。

車種は、ラインナップ順に【エアロエース(MS0)・エアロエース(MS9)・新型セレガ】です。

それでは、さっそく京成バス(エアロエース)を見ていきましょう。

京成バス「5385」

バス会社京成バス株式会社
製造会社三菱ふそうバス製造株式会社
型式LKG-MS96VP
年式2011年式
全長11.99m
車種名エアロエース
車両ナンバー千葉200か22-80
バスコレナンバーN260
走行システムBM-03 対応
セット名ザ・バスコレクション 成田国際空港(NRT)バスセットA

LKG-代のエアロエースからは、ダイムラー社と共同開発されたエンジンが搭載されています。

また、LKG-代からは【予防安全システムMDAS-Ⅲ(運転注意力モニター)】が標準装備されています。

オリンピックナンバー

行先表示器には【 成 田 空 港 】と表示されています。

ナンバープレートは、オリンピックナンバーが採用されています。ナンバーの横には、ミリ波レーダーが装備されています。

ヘッドライトの上には、【車番・社名】が大きく書いてあります。

ガーニッシュは、車体カラーと同じカラーですね。

Keisei Bus

こちらは公式側(左側)です。特徴を見ていきましょう。

左から【前扉・燃料給油口・行先表示器・貫通トランク3本・Blue Tec 補給口・車外スピーカー・ラジエター点検口・空気吸入口】があります。

これが公式側の特徴と言ったところでしょうか。

LKG-代からは、「Blue Tec システム」を採用しており、【尿素SCR&再生制御式DPF】で構成されています。

窓ガラスは、「スモーク仕様」を採用しています。

次に非公式側を見ていきましょう。

京成バス 非公式側

こちらは非公式側(右側)です。特徴を見ていきましょう。

右から【バッテリー点検口・燃料給油口・貫通トランク3本・オートグリス点検口・非常口・チェーン格納庫・ラジエーター液の補給口】があります。

これが非公式側の特徴と言ったところでしょうか。

燃料給油口・ラジエーター液の補給口の近くには、車番の【5385】と書かれています。

貫通トランク2本目の上部には「Keisei Bus」・貫通トランク1本目には「京成バス」と書いてありますね。

さて、ホイールは【10穴アルミ(アルコア)】で、冷房装置は【機関直結式】を採用しています。

次にリアを見ていきましょう。

 成 田 空 港

リアの行先表示機にも【 成 田 空 港 】と表示されています。

バックアイカメラ&ハイマウントストップランプが地味に目立ちますね。

ナンバープレートは、フロントと同じくオリンピック仕様です。

エンジンパネルには【Keisei Bus】と書いてあります。

さて、エンジンの型式&馬力&トルクは・・・

型式は?6R10(T2) 直6TI エンジン
馬力は?350PS
トルクは?1810N(185㎏/m)

こちらになります。

まとめ

今回は、成田国際空港(NRT)バスセットA【京成バス】をご紹介しました。

京成バスと言えば、今月発売のバスコレ28弾にもラインナップされていますよね!

車種はみんな大好き【日野ブルーリボンシティハイブリッド】でございます。

高速バスと路線バスの組み合わせは素晴らしいですよ~

また、東京湾アクアライン高速バスセットA で登場した同じく【京成バス 新型セレガ】と並べても楽しいかもしれません。

それでは、今回は失礼します。

 

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »