【リムジンバス】 東京空港交通 ありがとう スペースアロー

北鉄能登バスの『あさいち号』!BKG-代のエアロエースがバスコレ化!

今回はバスコレクションのバスコレで行こう8 北鉄能登バス(エアロエース)を紹介しますよ~

北陸鉄道グループのバスコレを紹介するのは今回で 3回目 です!まぁ個人的な話ですが(

北陸鉄道グループのバスコレは全部で 7台 あります。そしてプロトタイプされた車両は・・・

日野セレガR、三菱ふそうMP38、日野レインボーRJ、三菱ふそうMP35UM、エアロエースMS9、三菱MS615、いすゞジャー二ーQ です。(2019年12月23日現在)

それではさっそく北鉄能登バスの エアロエース(MS9)を見ていきましょう!

初期型のエアロエースか!

バス会社北鉄能登バス
製造会社三菱ふそう
型式BKG-MS96VP
年式2007年式『平成19年』
車両ナンバー石川200あ・・・7
バスコレナンバーN176
バスコレ〇弾?バスコレで行こう第8弾

年式が平成19年なのでこの車両は初期型のエアロエースですね!個人的に珍しいエースだなと思います。

あさいち号

フロントガラスにはあさいち号と書かれたサボがありました。

初期型のエアロエースですが、顔つきは今のエース(QTG-代など)と変わりは特にありませんでした。

この車両は平成27年式(QTG-代)のエアロエースです。

迫力満点のエアロエースくん!

 

エアロエースの公式側と非公式側の迫力がよく伝わりそうなこの画像!個人的には最高の画像です。

公式側と非公式側の塗装の違いは特にありませんね。公式側の前扉の近くには 行先が書かれたサボ が付いていました!

ホイールは『10穴アルミ(アルコア)』を使用していて、冷房装置はサブエンジン式冷房装置は採用していました。

冷房装置がサブエンジンなので、トランクは貫通2本タイプとなります。

北鉄 77-105 能登

BKG-代のエアロエースのエンジンの型式&馬力は・・・

エンジンの型式は・・6M70(T2) 直6TI
馬力は?350PS

こちらになります。

ナンバープレートの右側にある黒いのはセンサー?ですかね。わかる方がもしいましたら教えてください!お願いします。

まとめ~

BKG-代のエアロエースのエンジン音って聞いていて、なんだか幸せな気持ちになりますよね!

この走行音を聞きながら昼寝をしたらもうめっちゃ最高だよね!

北鉄能登バスのエアロエースくん。個人的に結構好きな車両です!

 

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »