路線バスの豆知識|タイヤ止めはどこにあるの?実は身近な場所にあった!

バスの安全

バスタイヤ止め(車止め)はどこに収納されているの?

・今回は、三菱ふそう製の大型路線バス【エアロスター】のタイヤ止めが眠る特別なスペースをご紹介します。

乗用車などで使用する機会はあまりありませんが、ヤマト運輸等の配達業を行う車は必ず使用しています♪

個人的に車止めは、『駐車中の車を絶対に動かさない』という熱い思いから開発された、と思っています👍

・それでは、さっそく見ていきましょう。

 

バスのタイヤ止めについて

・バスのタイヤ止めは、木製のものと[ゴム製]の2種が基本となります。

小型バス・中型バス・大型バスのどちらでも、同じサイズのものが使用可能だと思われます👍

 

いすゞジャーニーK中型路線バス[いすゞジャーニーK]使用時の参考画像。9m未満の車両は〈中型車〉という扱いになる。

 

エアロスターのタイヤ止めはどこに?

三菱エアロスターの顔2020年製造された最新鋭の〈2PG-MP38FM〉エアロスター。主に名護線(77)・糸満線(89)で使用されることが多い。

・ヒント①:車内前方の小さなスペースを生かして収納されている!

 

2PG-MP38MP38の2PG-モデルは自動車取得税自動車重量税を〈50%も軽減〉させた。

・ヒント②:運転席の近くにあり、余ったスペースを有効的に活用している!

答えは・・・⇩

 

バスの運賃箱この、モデルは EDSS車両緊急停止ボタンサイドビューカメラを標準装備しており、死角対策に貢献している。

・答えは【運賃箱の下】でした!輪止めというステッカーが貼られています(^^♪

 

おさらい

三菱エアロスターの顔

・今回は、現行の大型路線バス【AERO STAR】のタイヤ止めを収納する特別な場所をご紹介しました。

普段から利用しているけど知らなかった!という位置にありますよね(*´ω`*)

分かる方は数少ないと思うので、バスの豆知識として教えるのもありかもしれません(

・それでは、今回は失礼します。車内〈約8カ所〉にカメラが設置されているため、場所が分かっても勝手に開けたりしないでください。

 

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »