【リムジンバス】 東京空港交通 ありがとう スペースアロー

【元 広交観光】やんばる急行の「1225」がレッカー車に・・・お疲れ様

やんばる急行バス】初期の時代に導入された元「広交観光バス」の車両が廃車になってしまいました。

沖縄県沖縄市にあるパブリックレッカーさんによって牽引移動されていきました。

・運良く目撃することができたのでご紹介します。それでは、さっそく見ていきましょう。

HINO PROFIA

・HINO PROFIA によって牽引移動されました。バスを牽引していてもパワーが有り余っているように感じました♪

全長がとても長く連節バスかな?と思うほどインパクトがありました。

爽快に走るレッカー車を見ていると気分が良くなります!あと、カッコいいなと感じました。

 

沖縄230う12-25

バス会社合同会社やんばる急行バス
製造会社三菱ふそう(MBM)
型式KC-MS829P
年式1999年式「平成11年」
全長11.99m
車種名ニューエアロバス
車両ナンバー沖縄230う12-25
元のバス会社広交観光「広島200か・151」

元 広交観光バスで使用されていた「KC-代」の初期ニューエアロバスがついに「廃車」になってしまいました。

フィンガーシフトを採用しているバスのため、これからも長く活躍すると思っていましたが、2018年には「抹消」されました。

抹消されて「2年目」の2020年、お別れのときがきました。また、やんばる急行を支えてきた歴代の車両が1台廃車になりましたね。

 

元のバス会社が分からない!?

やんばる急行バスYKBYANBARU EXPRESS、の文字が全て黒で塗りつぶされていました。

スクラップにするにも関わらず社名を伏せるんですね。いい勉強になりました♪

【前扉(スイング仕様)&前タイヤパネル&サブエンジンパネルなど】が取り外されており、抹消後は「部品取り車」になったと思われます。

サブエンジンの姿が丸みえでついつい興奮してしまいました()サブの燃料給油口も見えますね!

また、走行用エンジンの燃料給油口も丸見えです。

車内が丸見えだ(笑)

・前扉が取り外されているため、車内が丸み状態でした()(*ノωノ)

運賃箱】が取り付けられた状態でも廃車となりました。整理券箱はありませんでした。

今後、運賃箱は必要ではなくなるのでしょうか?気になりますね。

配線類も少し触られたような形跡がありますね。これぞ部品取り車という雰囲気満載でした♪

前扉もついでにドアシリンダーも取り外されています。

恐怖のお顔!

・ミラー、デジタル行先表示器、ワイパーなどが取り外されているのでシンプルですね。スッキリしています。

ヘッドライトが少し飛び出していて面白いですね()何かに驚いたのでしょうか?

バンパーに注目してみると「フォグランプ」が左右外されていることに気づきました。今後、再利用するのでしょう。

また、前ドアコックの大事な「スイッチ」も取り外されていました。まぁ、扉がないので外したのでしょう。

・こんなバスが那覇空港にお出迎えしてくれたら面白いよね()夜だったら怖いですが・・・

まとめ

今回は、やんばる急行バスを初期の頃から支えてきたと思われる「沖縄230う12-25」のレッカー姿をご紹介しました。

・扉、パネル、ミラー、デジタル行先表示器などが取り外されており、今後は他のバスに再利用されると思います。

ある意味「エコなバス会社」だよね(

元 広交観光バスのレア車両の姿がお目にかかれなくなりましたね。今までお疲れ様でした♪

それでは、今回は失礼します。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »