【東陽バス】東武バスのERGAが沖縄へ

エアロキングに対応してる?【バスコレ専用】カースロープ製作!

・どうも、バスコレターミナル南の島営業所の店長です♪ お久しぶりです。

今回は、弊社の整備場に新たにバス専用 整備用スロープを導入したので紹介します!

説明書には、小型バス・中型バス・大型バスの〚3種〛にしっかり対応と書いてありました!ですが、エアロキングに対応しているかは分かりません。

そこで、この機会にキングにも対応しているのか「検証」します👍

・それでは、さっそく整備用カースロープを見ていきましょう♪

バス専用〚カースロープ〛♪

・こちらは、弊社の「整備工場」でございます!ただ今、東京空港交通(リムジンバス)のエアロスターが整備中です♪

外には、エアロエース(スタンダード車)用〚フロントガラス〛が放置されていますね(

・では、さっそく本題のカースロープを見ていきます。

 

・こちらの、カースロープを新たに導入しました!安心安全「南の星スロープ製」です(

まずは、大型の路線バスから試していきましょう♪

 

大型路線バス|FUSO AERO STAR

バス会社東京空港交通株式会社
製造会社三菱ふそう
型式QKG-MP38FK
年式2017年式「平成29年」
全長11.26m
バスコレナンバーJB021-2

東京空港交通(リムジンバス)の新型エアロスターです。

・記念すべき1台目は、新型エアロスターでございます♪ FK車のため、長尺です。

慎重にカースロープに前輪が載りました。丁寧に後輪まで載せていきましょう!

おぉ!全体がしっかり載りました!感動しますね~。

・ノンステップバスの「下回り点検」は、隙間がないので大変なんですよね~これで整備士さんの負担が減りました。

あと、ニーリングの際に下を擦ってもすぐに修復可能になりました(

 

・カースロープを導入したことによって、簡単にエンジンの下回りの〚点検〛も楽になりました♪

下から【6M60(T2)】エンジンが丸見えです少し興奮しますね~。

 

前から入れると、運転席の下回りを点検することが可能です♪ エアータンクのチェックも可能です。

〚MP38〛のイケメンフェイスがこちらを見つめていますね~惚れそうです(

・次に大型高速バス・観光バスを試していきましょう!

 

大型バス|FUSO AERO ACE

バス会社東京空港交通株式会社
製造会社三菱ふそう
型式2TG-MS06GP
年式2019年式「平成31年」
全長11.99m
走行システムBM-03 対応

大型「高速・観光バス」は、三菱ふそうエアロエースで試します!上手くいけば、J BUSのセレガ・ガーラも載ります。

・カースロープにさっそくバスを載せていきましょう♪

セッティング準備完了!徐々にバスを動かします。

おぉ!いい感じです♪これは上手くいきそう予感~

大成功!ギリギリですが、大型のエアロエースも載りました!ですが、本当にギリギリなので、少しでもミスをすると前輪が「落ちる」ので気をつけます。

この結果から、J BUSの「新型セレガ・ガーラ」なども載せることが可能!ということになります。

・高速バスなども下回りの点検が大変なので、整備士さんの負担がまた一つ減りました(

ですが、問題はここからです。

1番下回りの点検が大変なのは【エアロキング】です。車高がノンステップバスと変わらないので重労働なので、成功すれば整備士一同「大喜び」でしょう。

・では、さっそく準備を始めましょう。

最難関|FUSO AERO KING

バス会社ジェイアールバス関東株式会社
製造会社三菱ふそう「MBM」
型式MU612TX
年式2004年式「平成16年」
全長11.99m
バスコレナンバーN160

全長は先ほどのエアロエースと同じく「11.99m」ですが、3軸車です。最終的にどうなるのでしょうか?

・最後に三菱ふそうが誇るダブルデッカーエアロキングで試していきましょう!

準備完了!社員全員で成功することを祈りながら前進させます。

おぉ?3軸目が浮いていますが、2軸で安定して載ってますね。つまり、成功?ということでしょうか。

これより、議論を開始します。

整備士の意見|茶番

店長:これは、載っているので成功ですかね?

冨川さん(整備士):載っているけど、3軸目が浮いているからね~安全面が不安だね。

店長:では、何か対策をすれば成功しますかね?

冨川さん:そうだね、キングの向きをいったん変えてみよう。そして、結果を見て判断しよう。

店長:分かりました、向きを変えてみましょう!

再度チャレンジ

おぉ!バックで入れると3軸目の心配もなくなり、全て浮いていないので〚成功〛です!

・ついに、エアロキングも対応していることが分かりました👍

社員全員で大喜びです!特に整備士さんが嬉しそうに話しています♪ 私も導入してよかったな、と1人で思っています(

また一つ、整備士さんの負担を減らすことができました!安定して停車しているので安全面もバッチリです。

 

まとめ

・今回は、南の星スロープ製バス専用 カースロープをご紹介しました。

大型路線バス・大型高速・観光バスに対応はもちろん、エアロキングにまで対応しているとは!驚きを隠せません。

載せてみると、どのバスも安定して停車します。ですが、万が一のことを考えて「車止め」は必要でしょう。

・おまけコーナーもあるので是非⇩

バスコレ対応!カースロープ|おまけ

・改めまして今回は、バスコレに対応した自作 カースロープを紹介しました。

ここからは、少し面白い話をしていきます。

 

←エアロエース・エアロキング→

・実は、エアロエース+カースロープ=エアロキングの車高と同じ高さになるのです!驚きだよね~

キングの車高がいかに高いか改めて気がつかされました()ちなみに、エースの機関直結式冷房装置を含むと、キングよりも高くなります♪

 

・リア側から見ても同じ高さに見えますよね。

実車のエアロキングの車高は〚3.77m〛、エアロエースの車高は〚3.46m〛あります。

つまり、実車計算だと、カースロープの高さは〚0.31m〛ですね!このことから、実車のキングとエースの差は【0.31m】ということも分かりましたね♪

・ということで、ちょっとしたお話でした。それでは、今回は失礼します。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »