驚異の108本|那覇空港⇨名護を高速道路なしの【路線バス】で行く魅力とは?

名護バスターミナル

高速なし!那覇空港から名護市まで向かう路線バス

・今回は、バス停本数が驚異の108本もある路線バス【系統120番】の魅力をご紹介します。

美浜アメリカンビレッジや数多くのリゾート地を経由し、目的地の名護まで約2時間半・・・

・それでは、さっそく見ていきましょう。

 

羽田空港から沖縄羽田空港から片道2時間で到着する南国の玄関口。

共同運行だから本数が多い

琉球バス1603琉球バス交通の車両はレインボーと映えな見た目をしている。

・那覇空港から名護市まで向かう路線バス【系統120番】は共同運行便となっています。

そのため、平日はもちろん、土・日祝も本数が充実しています!

 

120番時刻表牧志(まきし)経由の便は国際通りを車内から味わうことができる。

・こちらは、平日の那覇空港発の時刻表です。

琉球バス交通&沖縄バスの共同便のため、1時間に2本間隔で運行しています。

 

120番土曜時刻表

・こちらは、土曜日の那覇空港発の時刻表です。

平日と比べて、9時台の2便目の発車時刻が異なりますので、ご注意ください。

 

120番日曜時刻表

・こちらは、日曜日・祝日の那覇空港発の時刻表です。

日曜だけ運行する便は、時刻の前に[]がつき、同様に祝日のみの便は時刻の前に[]がつきます。

たとえば、13時台は6便運行ではなく曜日によって時刻が異なるだけで、本数は3本です。

 

名護までの運賃&所要時間は?

沖縄230あ1602名護バスターミナルから乗り継ぎ 美ら海水族館 を目指すこともできる。

乗車:那覇空港降車:名護バスターミナル

運賃:大人 2,040円 子ども 1,020円

所有時間:約2時間30分渋滞時 最大3時間

 (通過バス停 108本)

 

・ちなみに、高速バスを利用した場合⇩

乗車:那覇空港降車:名護バスターミナル

運賃:大人 2,230円 子ども 1,120円

所有時間:約1時間30分渋滞時 最大2時間

 (通過バス停 21本)

こちらになります。

 

ヤシの木沖縄ならではのヤシの木。道沿いにも当たり前のように植えられている。

 

沖縄の海沖縄の透き通った美しい海。路線バス限定の風景をお楽しみに。

・道中の景色を楽しみながら名護を目指す至福の時を120番でお過ごしください(*´ω`*)

 

経由地&車両紹介

沖縄バスの120番沖縄バスは新型車両 三菱ふそうエアロスター で主に運行している。

 

沖縄230あ1601琉球バス交通は 日野ブルーリボン という車両で主に運行している。

 

国際通りバス停国際通り 松尾バス停 周辺の雰囲気。The Okinawa クオリティをどうぞ。

・120番は那覇空港⇔美浜⇔琉球村⇔ムーンビーチサンマリーナホテル前⇔万座ビーチ⇔名護を経由します。

途中で休憩などはありませんので、ご注意ください。

 

宣伝

・那覇空港から68本目のバス停である【サンマリーナホテル】はこちら!

那覇市と名護市の中心地である恩納村にあるため、利便性が高く観光の方に大変ご好評のようです!

沖縄バスが運行するリムジンバスもあるため、空港までのんびりと向かうこともできますよ♪

空き室状況&お得なプラン

 

おさらい

沖縄のホテルバス空港線のため行先に 飛行機マーク があり分かりやすい。

・今回は、琉球バス&沖縄バス共同運行の名護行き【系統120番】をご紹介しました。

沖縄を心から味わいたい方におすすめの路線となっております(*^^*)

・それでは、今回は失礼します。画像はすべて安全に配慮して撮影しました、2022年5月上旬現在の情報です。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »