【リムジンバス】 東京空港交通 ありがとう スペースアロー

ミニバス編 VOL.1の江ノ島電鉄はクオリティが高すぎる!? バスコレ

今回は江ノ島電鉄(ミニバス編 VOL.1)を紹介します。

ミニバス編 VOL.1では『日産ディーゼルRN・日野リエッセ』がプロトタイプされました。

ラインナップは、日産ディーゼルRNが『京王電鉄バス・関東バス・西東京バス・東武バス・日東交通・江ノ島電鉄・富士急行・京阪バス』です。

日野リエッセは『京王電鉄バス・国際興業・三重交通・九州産業交通』です。

ちなみにシークレットは日産ディーゼルRN 京王電鉄バス(富士重工業8E標準前面)でございます。

発売されたのが、2006年8月なので値段が驚きの360円(税抜)です!今とは全然値段が違いますよね(

それではさっそく『江ノ電』を見ていきましょう。

江ノ島電鉄の日産ディーゼルRNはこちら!

バス会社江ノ島電鉄
製造会社日産ディーゼル
型式KC-RN210CSN
年式1997年式『平成9年』
車両ナンバー湘南22か291
バスコレナンバーM006
バスコレ〇弾?ザ・バスコレクション ミニバス編 VOL.1

たまにはミニバスも良いですね~小さいのにクオリティが高い!

このバスの行先は?

行先は 藤沢駅ー渡内中央 と表示されています。

フロントガラスには『後のり』と書かれたサボがありました。

この時代のバスコレは今のと比べて印刷のクオリティが高いような気がしますが、どうなのでしょうか?私の勘違いかなぁ~。

公式側(左側)と非公式側(右側)を見ていこう!

 

公式側と非公式側の塗装の違いは特にありませんね。

公式側には前扉・中扉、行先表示機があります。非公式側には非常口があります。

ホイールは『6穴スチール』を使用しています。冷房装置は『機関直結式』を採用しています。

エンジンの馬力は?

このバスのエンジンの型式&馬力は・・・

エンジンの型式はFE6E 直6 エンジン
馬力は?195PS

こちらになります。

直6エンジンで馬力が『195PS』って凄いですよね!私は結構驚きました。

リアの行先表示機にも 藤沢駅ー渡内中央 と表示されています。

まとめ~

さて今回はバスコレ ミニバス編第1弾の江ノ島電鉄を紹介しましたが、どうだったでしょうか?

これは個人的な意見ですが、車両全体の印刷が今のよりも綺麗だったような気がしました!が、みなさんはどう思いましたか?

このクオリティで価格が378円ってヤバイですよね!今のバスコレもこのくらいの値段で販売してくれれば良いのですがね。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »