【リムジンバス】 東京空港交通 ありがとう スペースアロー

バスにプラズマクラスターイオン発生機搭載のリムジンバス! バスコレ

今回は【成田国際空港(NRT)バスセットA 東京空港交通】を紹介します。

このセットの発売日は?2020年1月
ラインナップは?東京空港交通・京成バス・成田空港交通
価格は?3600円(税抜)

このセットでプロトタイプされた車両は、ラインナップ順に【エアロエースMS0・エアロエースMS9・新型セレガ】でございます。

このセットの特徴は、個人的に「MS9&MS0 の両方を同時に楽しむことできる!」ことだと思っております。

東京空港交通からは、今回[MS0]がプロトタイプされていますよね。

以前紹介した【東京空港交通オリジナルセット】でプロトタイプされた[MS9]と比較して楽しむのも有りだよね~。

 

それでは、さっそく東京空港交通の「MS0」を詳しく見ていきましょう。

全長は「11.99m」もあるぞ!

バス会社東京空港交通株式会社
製造会社三菱ふそう
型式2TG-MS06GP
年式2019年式「平成31年」
全長11.99m
車両ナンバー品川230あ9542
バスコレナンバーN259
セット名成田国際空港(NRT)バスセットA

今回から上の表に【全長】という項目を追加しました!

スーパーキャビン仕様車

今回の「951-90238M06」は、スーパーキャビン仕様のバスでございます。

2019年に導入された車両なので、2018年に新しく導入された【Super Cabin】車です。

装備品は主に【DENSO製のプラズマクラスターイオン発生機・全席USB給電装置付きシート・3点式シートベルト】の3つであります!

プラズマクラスターは、DENSO製ですが、中身は「SHARP製」です。

SHARP製のプラズマクラスターは、私も車載用を愛用しています。酸素は、いつでも新鮮なものに限りますからね!

 

AdBiue給水口のパネルの位置が違う!!

 

公式側と非公式側の塗装の違いは特にありませんね。

窓ガラスは、固定仕様の「スモークタイプ」を採用しています。

ここで少し細かいことを言いますが、公式側のリアタイヤの近くに[フタ]がありますよね。

あのフタって実は、AdBlue給水口なんですよ。

本来MS0の場合AdBiueの給水口は、公式側のリアタイヤの前にあるんです!

MS9の場合は、バスコレと同じ場所に給水口があるのでつまり、このバスコレは「MS9の型を使って製造されている」と言っても良いでしょう。

でもエアコンは、しっかりMS0のものが使用されていましたよ!

さて、ホイールは【10穴アルミ(アルコア)】で、冷房装置は【機関直結式】が採用されていました。

機関式の冷房装置を採用しているので、トランクは「3本貫通タイプ」です。

シグネチャーライトは最高だ!

リアガラスを囲むかのように配置されたこの「シグネチャーライト」は最高だね!

ライトの色は[]です!東京空港交通のカラーリングと上手くマッチしそうな色だよね。

ナンバープレートは、オリンピックナンバーが採用されています。

エンジンパネルには、【951・Super Cabin】と書かれていますね。

さて、エンジンの型式&馬力は・・・

型式は?6S10(T2)直6TI エンジン
馬力は?381PS

こちらになります。

まとめ

今回バスコレでプロトタイプされた車両は【2019年式のスーパーキャビン仕様車】でしたね。

スーパーキャビン仕様なので車内には、「DENSO製(中身はSHARP製)のプラズマクラスターイオン発生機」が装備されていましたね。

私も[SHARP製]車載用のプラズマクラスターイオン発生機をいつも載せてドライブに出かけています。

ドライブ中の私は、リムジンバスのエアロエースと同じ空気を吸っている気分ですよ!

自家用車で東京空港交通のエアロエース[スーパーキャビン仕様車]と同じ空気が吸えていると考えると幸せな気持ちです!

みなさんも車に1台どうですか?

それでは、今回は失礼します。

 

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »