【リゾートビーチ】東京バス

僅か1年だけの貴重な姿が再現された【羽田京急バス】の新型エアロスター|バスコレ

羽田京急バス バスコレ

明けましておめでとうございます、2021年も「マニアのバスコレ店」を宜しくお願いします。

・新年一発目は【京浜急行バスオリジナルバスセットⅥ 新型エアロスター】をご紹介します。

この、セットⅥはエアロスターK(MP218)新型エアロスター(MP38)の2台セットとなっております。

同時に「ふそう」の新旧エアロスターを楽しめるのはポイント高いですね♪

・それでは、さっそく見ていきましょう。

初の羽田京急バス!

バス会社 羽田京急バス株式会社
製造会社 三菱ふそう「MFBM」
型式 QKG-MP38FM
年式 2017年式「平成29年」
全長 11.26m
車種名 新型エアロスター
車両ナンバー 品川200か31-46
バスコレナンバー K186
走行システム 非対応(2021/1現在)
セット名 京浜急行バスオリジナルバスセットⅥ

蒲95 シャトルバス 羽田空港

・デジタル行先表示器には【蒲95 シャトルバス 羽 田 空 港 国際線国内線ターミナル】と表示されています。

車いすベビーカー対応ステッカーが貼られているため、安心してご乗車いただけます。

現在、ナンバープレート&社名がオリンピック仕様京浜急行バスに変更されています!レアな時代のものが製品化されていますよ~。

・セーフティウィンドウもしっかり再現されていますね♪

KEIKYU LIMOUSINE カラー

・公式側(左側)のパネルや装備品を見ていきましょう。

左から・・・

1番 前扉(グライドスライドドア)
2番 車外スピーカー
3番 燃料給油口
4番 デジタル行先表示器
5番 エントランスライト
6番 中扉(引き戸)
7番 中ドアコック
8番 ドレンコック
9番 LEDタイヤライト
10番 車外スピーカー
11番 AdBlue給水口(40L)
12番 バッテリー点検口
13番 エンジン点検口
14番 空気吸入口

こちらになります。

・羽田京急バスは、車体カラーが【KEIKYU LIMOUSINE】という特徴があります。

新型エアロスターの場合、1回の給油で『155Lまで』可能です。ちなみに、高速バス・観光バスは車種にもよりますが、1回で「450~500Lまで」可能です。

羽田京急バス|NH6736

・非公式側(右側)のパネルや装備品を見ていきましょう。

右から…

1番 オートグリス&ドレンコック
2番 ドレンコック
3番 LEDタイヤライト
4番 非常口
5番 エンジン点検口
6番 ラジエター液 補給口

こちらになります。

・ホイールは【ISO10穴アルミ】、冷房装置は【機関直結式】が採用されています。

長尺仕様なので全長が観光バス並みに長いですね。

蒲95 シャトルバス 羽田空港

・リアのデジタル行先表示器には【蒲95 シャトルバス 羽 田 空 港】と表示されています。

高速仕様のバスと同様に『KEIKYU LIMOUSINE』とリアにも書いてあります。斜め表記でお洒落ですね👍

オプションの補助テールも、しっかり印刷で細かく再現されています。

・さて、エンジンの型式&馬力&トルクは・・・

型式 6M60(T2) 直6TIエンジン
馬力 270PS
トルク 785N(80㎏/m)

こちらになります。

高速車とのツーショット!

・京浜急行バス「K5344」と羽田京急バス「NH6736」のツーショット!かっこいいですね👍

高速車のカラーが路線バスにも合うの?と、疑問に思っていましたが・・・最高ですな!

エアロスターもバンパーを薄めのブラックに塗装されば、完璧だと思います。それにしても本当によく似ていますね~。

 

・実は、NH6736号車は1年間『羽田京急バス』でその後は『京浜急行バス』の所有車となりました。そして、ナンバーも「オリンピック仕様」に変更されています。

バスコレでは、僅か1年だけの貴重な「羽田京急バス」の姿が再現されています!プレミア価格になる前に入手したい1台ですよね。

・それでは、今回は失礼します。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »