【JR東海バス】激熱なエアロキング

2021年8月現在の東陽バス【191番専属車】を全車レビュー!|U-HT2

屋富祖バス乗る

東陽バスが誇る城間線の専属車を全車ご紹介&引退候補車を調査!

・今回は、城間線の専属【6+1台】と〈V8ブルーリボン〉が投入されたことで引退する可能性のある車両を調査していきます!

現在、191番線の専属車は全車『U-規制』であり、その中でも〈状態の悪い車両や中型レインボー〉などが落ちるのではないかなと感じています。

整備工場で見かけた泡瀬所属のレインボーも後ほどご紹介しますね👍

・それでは、さっそく見ていきましょう。

 

2005年式|KL-KV280L1改

バス会社東陽バス株式会社
製造会社日野自動車「J BUS」
型式KL-KV280L1改
年式2005年式「平成17年」
全長10.425m
車両ナンバー沖縄230い・313
元のバス会社東武バスウエスト
元の車番9791

カマキリミラー車、登場!

・191番の専属車や37番の予備車などが止まる駐車場に、新しく入った〚313号車〛も停車していました!

フロントのサボ的なものも【首 里経由】が装着されており、城間線を走る気満々です👍 まぁ、この日は走らなかったのですが。

ノンステップバスには、新カラーが良く似合いますよね!かっこいい(*´ω`)

・ナンバーの313とは、令和3年の〈13台目〉という意味でしょうか?気になるところです。

1992年式|U-HT2MLAA

バス会社東陽バス株式会社
製造会社日野自動車「HINO」
型式U-HT2MLAA
年式1992年式「平成2年」
全長10.28m
車両ナンバー沖縄200か・347
備考もと自家用

現役の300番台車!

・347号車は、191番のレインボー〖大量引退〗に伴って泡瀬営業所からやって来た車両です。

最近、琉球バスや那覇バスが「600番台」の車両を廃車にする中、東陽バスでは300番代のバスが現役で活躍しています(

メトロ窓・四角目などの特徴があり、前面や側面には【デジタル行先表示器】が取り付けられています!92年式の車両とは思えませんよね。

・新しく入った元東武車も同じく〈300番代〉ですし、347号車には広告が1つもない、フロントの〖首 里経由〗と書かれたサボ的なものも取り外されていますからね。

引退する可能性があると言えばありそうな・・・そうでもないような(笑)

 

馬天営業所と書かれた貴重なサボを装備する347号車。

唯一の方向幕車!

バス会社東陽バス株式会社
製造会社日野自動車「HINO」
型式U-RJ3HJAA
年式1994年式「平成6年」
全長8.99m
車両ナンバー沖縄200か・594
元のバス会社南海バスグループ

・594号車は、城間線最後の日野レインボーです!大型車に統一するのであれば引退する可能性も出てきますよね。

また、今でもLED幕に改造されず〈方向幕〉なのも気になるところです。ちなみに、車検は今年の12月までのようです。

フロントバンパー辺りのサビやガムテープ補修も施されていますし、12月まで持つか怪しい1台です。

・ただ、347号車と違って『側面・リア』に広告が貼られているので引退候補として2番目かなと個人的に思っています。

 

もと尼崎市交通局の大型ブルリ!

・旧型ブルーリボンとシレっと並ぶV8ブルーリボン。今後は、この光景も珍しく感じなくなるのでしょうね。

左側の591号車は〈37番〉の予備車で、真ん中の586号車191番の専属車となります!ちなみに、もと尼崎市交通局の車両です。

詳細は⇩

バス会社東陽バス株式会社
製造会社日野自動車「HINO」
型式U-HU2MLAA
年式1994年式「平成6年」
全長10.28m
車両ナンバー沖縄200か・586
元のバス会社尼崎市交通局

こちらになります。

・前面のサボや蛍光灯バージョンの【首 里経由】サボ的なものも取り付けられたままだったので、引退する可能性は低いかなと個人的に思います。

サボが全て取られた大型ブルーリボン!

バス会社東陽バス株式会社
製造会社日野自動車「HINO」
型式U-HT2MLAA
年式1993年式「平成5年」
全長10.28m
車両ナンバー沖縄200か・432
元のバス会社南海バスグループ

・側面の経由地や系統番号のサボが取り外された432号車。一番、引退する可能性が高そうでしたが、先日元気に走っていました

594号車同様に元南海バスの車両で、後扉の下ガラスが埋められています。よ~く見ないと分かりませんよね(^^♪

蛍光灯バージョンの【首 里経由】というサボ的なものも画像上では外されていますが、走っていたので一安心。

・432号車は、347号車の次に古い車両ですが、まだまだ長生きしそうな予感が個人的にしました👍

 

長尺ブルーリボン、472号車!

バス会社東陽バス株式会社
製造会社日野自動車「HINO」
型式U-HT2MMAA
年式1993年式「平成5年」
全長10.68m
車両ナンバー沖縄22き・472
備考自社発注

・472号車も347号車同様、泡瀬営業所からやって来た大型のブルーリボンとなります!

他の車両と違って、少し尺が長いので屋冨祖の曲がり角は少々気を使うと思います。

・自社発注車、リアに広告が貼られていたことから個人的にまだまだ現役かなと感じました👍

おまけのレインボー!

・城間線で初の【フルカラーデジタル行先表示器】に改造された608号車が泡瀬から整備場に来ていました!

幕の部分には、〈沖縄県立美咲特別支援学校〉というステッカーが貼られています。改造した意味がないような・・・(

・同じ元南海レインボーの594号車と608号車。長生きするのはどちらなのでしょうか?

730車も191番専属!

まとめ

・今回は、191番専属【6+1台(730車)】と元東武バス『9791』の影響で引退する可能性がありそうな車両を調査しました。

結果的に、私は『347号車594号車』のどちらかが今のところ怪しいなと思いました。

城間線初の【新カラー&ノンステップ】を兼ね備えた313号車が誕生した影響で、全車【U-代天国】に幕を閉じそうな予感(´;ω;`)ウゥゥ

・それでは、今回は失礼します。画像は全て敷地外から撮影しました。

 

347号車、まだまだ現役の可能性について

・全16便の車両構成をチェックした結果⇧

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »