【リゾートビーチ】東京バス

直6ターボを響かせろ!元ちばレインボーバス【132号車】の今|東陽バス 112

東陽バス南部線

沖縄で唯一〈東陽バスだけ〉が所有する[KL-HU2PMEA]をレビュー

・今回は、那覇-南城斎場御嶽線で活躍する元ちばレインボーバスの【ブルーリボンシティ 132号車】をご紹介します。

132号車の時代とは打って変わって、現在は側面の窓ガラス一面[スモーク仕様]に変更されています(;・∀・)

レインボー時代からは想像もできなかった雰囲気をお楽しみください!

・それでは、さっそく見ていきましょう。

 

那覇バスタから南城市南城市役所が終点の37系統を担当。

フロントマスクがイケメン|112号車

東陽バス南部線

バス会社 東陽バス株式会社
製造会社 日野自動車[HINO]
型式 KL-HU2PMEA
年式 2002年式[平成14年]
車両ナンバー 沖縄230あ・112
備考 ワンステップ仕様

・ブルーリボンシティの魅力がぎっしりと詰まっているのは、やはり[フェイス]ですよね!

シュッとした雰囲気が大好きです♪ ブラックのベゼルが車体としっくり合っています(*´ω`*)

 

大型の4枚折り戸を完備!

KL-HU2PMEA長尺のPREA仕様と異なり、コンパクトだが装備は充実している。まさにブルリ界の完成形と言える1台だろう。

・112号車は、PMEA仕様車ですが、中扉が【4枚折り戸仕様】になっています!引き戸と違って、迫力満点です♪

移籍後も中扉は開くようになっており、ここから[車いす]の方は乗り降り可能となっています(*´ω`*)

 

斎場御嶽まで行く路線バス移籍先の事業者の個性存分に発揮される、一面ブラックの窓ガラス。

・112号車は、2019年10月上旬から運行を開始しました。当初は、車体側面のカラーラッピングは施されていませんでした(

初代ブルリと早急に置き換えたかった証拠でしょうか?

 

おさらい

ちばレインボーバス132エンジンは、日野自慢の[P11C〈PT-I〉]が搭載されており、馬力は250PS・トルクは883N(90㎏/m)だ。

・今回は、元ちばレインボーバス[132号車]として活躍した【日野ブルーリボンシティ】の今をご紹介しました。

4枚折り戸や屋根のベンチレーターの配列が特徴的な1台でした♪

東武系のV8エルガ/ブルーリボンと同じく、エンジンパネルに[補助ブレーキランプ]が取り付けられています(*´ω`*)

・それでは、今回は失礼します。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »