【国産初】日野ハイブリッド連節バス

今も健在!元【名古屋市交通局】の「MH-26」号車|琉球バス交通

琉球バス MH-26 名古屋市営

1998年式の製造から「23年経った」でも現役のレインボーをレビュー!

・今回は、琉球バス交通に移籍した元「名古屋市営バス」の【MH-26】の現在の姿をご紹介します。

MH-26号車は、「MH-7~MH25」と共に導入され、大森・中川・御器所・猪高営業所に配置されていた車両です。

ちなみに、【MH-10号車】は【バスコレ26弾】で製品化されています!後ほど紹介しますね♪

・それでは、さっそく見ていきましょう。

沖縄200か・784

バス会社株式会社琉球バス交通
製造会社日野自動車
型式KC-RR1JJAA
年式1998年式「平成10年」
全長8.99m
車種名レインボーRR
車両ナンバー沖縄200か・784
元のバス会社名古屋市営バス
元の車番MH-26

105 豊見城市内一周線とは?

・フルカラーデジタル行先表示器には【105 豊見城市内一周線】と表示されています。

ちなみに、105番という路線は⇩

豊崎美らSUNビーチ前道の駅豊崎アウトレットモールあしびなーなど】の観光客におすすめの場所の他に・・・

豊見城市民の「ご年配の方」や「マイカーを所有していない方」には嬉しい場所をグルグル巡る路線バスとなっています。

・さて、気になる運賃は・・・

 普通運賃身体障害者
普通運賃(中学生以上)160円80円
1歳~小学生以下80円40円
1歳未満0円0円

※2020年4月9日現在の情報となります。

・身体障害者の付き添いの方も「80円」、子供連れは1人(2~6歳未満)までは「無賃」となります。

しかし、中学生以上の大人1人につき、小学生以下の子供『3人まで』が無賃のようなので、ご注ください。

詳しい情報が知りたい方は、こちらをタップしてご確認ください。

・元 名古屋市営バスのレインボーを一周しても『160円』で楽しめます!最高ですね♪ 整備・点検日の場合は異なります。

特徴的な3連式テールランプ!

・名古屋市営バスらしい特徴的な「3連式テールランプ」は、今でも使用されています。

リアの行先表示器は取り外されて現在は、広告や「年末年始 交通安全運動実施中」のステッカーが貼られています。

琉球バスらしいレインボーの帯は、3連テールの部分にだけ施されています。

・さて、エンジンの型式&馬力&トルクは・・・

型式J08C〈J-II〉 直6エンジン
馬力215PS
トルク559N(57㎏/m)

こちらになります。

 

元MH-26、現784号車のエンジン音はこちら⇩

\ 同年代に納車された MH-10 がバスコレに /

バス会社名古屋市営バス
製造会社日野自動車
型式KC-RR1JJAA
年式1998年式「平成10年」
車両ナンバー名古屋22か77-60
車番MH-10
バスコレナンバー305

・同型車・同年代に納車された【MH-10】が、バスコレ26弾で製品化されております!

当時と今を比べて見ると、ホイールの色が違ったり、行先表示器が「幕式」から「フルカラーデジタル行先表示器」に変更されたりしていますね。

ですが、窓ガラスの配置を確認すると『元 名古屋市営だな』とマニアなら感じるのではないでしょうか♪

・バスコレ26弾の裏シクレ的な存在の車両だと今まで思っていましたが、地元のローカル線で活躍する車両という印象に変わりました!いつか、乗りたいな~。

まとめ

・今回は、琉球バス交通に移籍された元【名古屋市営バス MH-26】をご紹介しました。

今更か・・・と思われるかも知れませんが、全面・側面に「Ryukyu Bus Kotsu」や「第一」のマークが塗装されていませんね!珍しい。

 

琉球バス交通の場合、基本的に非公式側にも社名が記載されている。

・車体のカラーで判断できない方の場合、非公式側を見ただけで 琉球バス交通 だと気づくことができませんよね~。

そこは、少しだけ『やんばる急行』と似ていますね♪

・それでは、今回は失礼します。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »