【国産初】日野ハイブリッド連節バス

過去と今!羽田所属だった【H3749】がついに始動!H3750・Y3670も準備中|琉球バス

琉球バス 日野レインボーHR7

京浜急行バスの「杉田&羽田」所属の日野レインボーHRがついに運用開始!

・今回は、琉球バス交通に移籍した4台の日野HRの「元の車番」・「現在の登録ナンバー」を照らし合わせながらご紹介します。

ついに、沖縄本島でも「PK-HR7JPAE」に乗車できるようになりました!しかも、元 京浜急行バスの車両!個人的にとても嬉しいです♪

また、京急時代にお世話になっていた方も OKINAWA で感動の再会ができますよ!

・それでは、さっそく見ていきましょう。

 

羽田所属の「H3749」が運用開始!

バス会社株式会社琉球バス交通
製造会社日野自動車「J BUS」
型式PK-HR7JPAE
年式2007年式「平成19年」
全長10.49m
車両ナンバー沖縄200か14-64
元の車番H3749
行先表示すみません 回送中 です

運用準備中の姿

2020年12月頃の姿。

・こちらは、2020年12月中旬の姿です。前ドアから車内の様子を見る限り、すでに「運賃箱」が設置されていますね。

また、デジタル行先表示器も先に準備されていたので、去年から運用準備は整っていたのでは?と感じました。

ですが・・・運用がスタートしたのは「2021年1月14日から」だと思われます。

・ついに、羽田で活躍していた『H3749号車』が第二の人生を琉球バスで歩み始めました。早く乗車したいです♪

沖縄200か1465は元「H3750」!

バス会社株式会社琉球バス交通
製造会社日野自動車「J BUS」
型式PK-HR7JPAE
年式2006年式「平成18年」
全長10.49m
車両ナンバー沖縄200か14-65
元の車番H3750
行先表示表示なし

~準備中~

2020年12月頃の姿。

・2020年の12月中旬の様子です。14-64号車同様にまもなく運用開始すると思われます。

元の車番は「H3750」です。羽田所属の車両だったので、羽田空港線を担当していた可能性も高いですよね。

今後は、那覇空港線として活躍するのでしょうか?それとも、89番などの置き換えとして活用されるのでしょうか?気になりますね。

 

リアガラスに「認定 標準仕様ノンステップバス 国土交通省」のステッカーが貼られている。

 

杉田所属の「Y3670」も準備中!

バス会社株式会社琉球バス交通
製造会社日野自動車「J BUS」
型式PK-HR7JPAE
年式2006年式「平成18年」
全長10.49m
車両ナンバー沖縄200か14-76
元の車番Y3670
行先表示表示なし

当時の姿を沖縄で!

2020年10月頃の姿。

・こちらは、2020年10月中旬の「1476号車」の姿です。元のバス会社がバレバレの状態で止められていました。

車体カラーだけで印象が結構変わるもんなんですね~雰囲気が全然違います。

・元「杉田所属」の車両だったということもあり、走り出したら一気に人気の高いバスになるのではないでしょうか。

同じく杉田所属の「Y3671」も準備中!

バス会社株式会社琉球バス交通
製造会社日野自動車「J BUS」
型式PK-HR7JPAE
年式2006年式「平成18年」
全長10.49m
車両ナンバー沖縄200か14-72
元の車番Y3671
行先表示表示なし

京急時代の姿!

・「沖縄200か14-72」の京急時代の姿がこちら!

ちなみに、この画像は「2020年9月頃」に撮影しました。元がバレバレの状態で止めらていました(笑)

今後は、89番や189番などで活躍するのでしょうか?気になります。

 

まとめ

・今回は、元 京浜急行バスの 日野HR 4台の「元の車番」・「現在の登録ナンバー」を照らし合わせながらご紹介しました。

先に『1464号車(H3749)』から運用を開始しました!他の3台も引き続き運用スタートすると思うので楽しみです♪

沖縄でも【PK-HR7JPAE】が走る時代になってきています。古めの車両は早めに撮影したいところです。

・それでは、今回は失礼します。

 

参考にしたツイート⇩

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »