【リムジンバス】 東京空港交通 ありがとう スペースアロー

【バスコレ】空港シリーズ第5弾の舞台は「新千歳空港」

バスコレクション 新千歳空港(CTS)バスセットAが今年の5月に発売予定ですね!

そこで今回は、新千歳空港セットのラインナップを詳しく見ていきましょう。

予定通りにいけばあと「1か月後」に発売しますね。

ラインナップ

トミーテックさんからお借りしました。

ラインナップは【北海道中央バス・北都交通・道南バス】です。

プロトタイプされた車両は【いすゞガーラ・エアロエース】です。

北海道中央バスは、折り戸仕様の「いすゞガーラ」で、北都交通もスイング仕様の「いすゞガーラ」です。

そして、道南バスはスイング仕様の「ふそうエアロエース」です。

中央バスのガーラは、セレガーラ車ですね。大きな行先表示機を付けるには【1枚窓】じゃないと無理ですからね。

北都交通のガーラは、本来の【2枚窓タイプ】です。真ん中の小さな部分に「行先表示機」が埋め込まれています。

これは、特注車という扱いになるのでしょうか?

ガーラオリジナルの2枚窓タイプのスタンダード車は、今回の【北都交通】がバスコレ初となります!これは欲しい車両ですね。

こちらの3台セットは、バスコレ空港シリーズ第5弾です。北海道の空の玄関口と言えば新千歳空港ですよね。

新千歳空港は、千歳市・苫小牧市にまたがる位置にあります。

まとめ

今回は、バスコレ空港シリーズ第5弾【新千歳空港(CTS)バスセットA】のラインナップをご紹介しました。

北都交通がバスコレ化されるのは、今回プロトタイプされた「ガーラ」が初となります!

中央バスのガーラは、リアの行先表示機が【特大サイズ仕様】のものが使用されています。

あの大きさだと、ガーラのリアガラスでは設置できませんよね。

道南バスのエアロエースは、リアウィング搭載車ですね。機関直結式にリアウィングがあるエースはあまりいませんよね。

3台ともバスコレ走行システム【BM-03】に対応しています。この機会に走行システムを購入するのも悪くはないですよね。

それでは、今回は失礼します。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »