【リムジンバス】 東京空港交通 ありがとう スペースアロー

【小田急箱根高速バス】新規金型で製作されたバスコレのエアロエース

ザ・バスコレクション 小田急箱根高速バス オリジナルバスセットⅢ「創立15周年記念バス」を今回は紹介します。

このセットでは、エアロエース&ニューエアロバス(直6)がラインナップされています。

創立15周年を記念し、小田急電鉄時代の塗装を再現した車両は、エアロエースです。ということで今回は「エース」のご紹介です。

それでは、さっそく見ていきましょう。

小田急箱根高速バス『K1501』

バス会社小田急箱根高速バス株式会社
製造会社三菱ふそう
型式QRG-MS96VP
年式2015年式「平成27年」
全長11.99m
車両ナンバー世田谷210あ1501
バスコレナンバーK145
走行システムBM-03 対応
商品名ザ・バスコレクション 小田急箱根高速バス オリジナルバスセットⅢ

こちらのエアロエースは、新規金型で製作されています!

K-1501号車は、小田急箱根高速バス初の【世田谷ナンバー】で登録された車両です。

このバスは特急だ

行先表示機には【特急 箱根桃源台】と表示されています。

フロント部分には、「小田急」と書かれています。

左右のフォグランプの横には、デイライトが装備されています!かっこいい。

燃料給油口はここだ!

燃料給油口は、タイヤハウスの左にあるフタです。

行先表示機には、全面と同様に【特急 箱根桃源台】と表示されています。

ホイールは「10穴アルミ(アルコア)」を採用しています。

 

リアホイールも「10穴アルミ(アルコア)」を採用しています。

サブエンジン搭載

サブエンジンは、三菱純正が採用されていました。基本的に「デンソー製」を採用していると思っていたのですが、このバスは違うようです。

小田急箱根高速バスは、主に箱根を走るのでパワーを結構必要とするでしょう。そのため主にサブエンジン式のバスが多いのだと思います。

トイレ装備車

窓ガラス自体がスモークタイプなので分かりにくいですが、トイレが後方に設置されています。

高速バスなのでトイレは必須だよね。まぁ、非搭載の高速バスも世の中多いですが。

フロント同様にリアのバンパーも【黒】で塗装されています。

QRG-代のエアロエースからは、尿素水のタンク容量が22リットルから「25リットル」へと増加しました。

また、尿素水の給水口が従来の場所と変更になったようです。トミーテックさんは、ここの部分を新規金型で再現したのでしょう。

馬力はふつう

リアスポイラー装備のエアロエースだね。小田急箱根は、エース+スポイラー好きだよね。

バックカメラも装備しています。

さて、エンジンの型式&馬力は・・・

型式は?6R10(T2) 直6TI エンジン
馬力は?350PS

こちらになります。

屋根には・・・

屋根には、【K-1501 小田急】と赤文字で書かれていますね。

これなら、歩道橋の上などから見ても「あっ!創立15周年記念バスだ」ってなりますね。

車番が「1501」ということは、2015年に導入した車両で1番目ということでしょうか?

まとめ

今回は、小田急箱根高速バス オリジナルバスセットⅢ「創立15周年記念バス」を紹介しました。

新規金型で尿素給水口などを再現するなんて凄いよね!

それでは、今回は失礼します。

 

新規金型の小田急箱根高速バス「K-1501号車(エアロエース)」、みなさんも1台どうですか?

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »