【リムジンバス】 東京空港交通 ありがとう スペースアロー

【バスコレ】京浜急行バス「A4156」 オリジナルセットⅣで登場!

バスコレクション 京浜急行バスオリジナルバスセットⅣ【日野レインボーHR】を今回は紹介します。

プロトタイプされた車両は、初期型のHRでございます。

日野レインボーHRは、1999年~2010年まで製造された日野製のバスです。

「2004年~2007年」の3年間は、いすゞも同型車を【エルガJ】という名前で販売しました。

違いは、「ハンドルにあるメーカーのマーク」ぐらいですかね。見た目はほぼ変わりません。

それでは、さっそく【オリジナルⅣ 日野レインボーHR】を見ていきましょう。

これぞ「HR」

バス会社京浜急行バス株式会社
製造会社日野自動車
型式KL-HR1JNEE
年式2000年式「平成13年」
全長10.49m
車種名レインボーHR
車両ナンバー横浜200か3095
バスコレナンバーK122
走行システム不明
セット名京浜急行バスオリジナルバスセットⅣ

京急のHRってよく「大森」で見かける気がします。まぁ、KL-代の車両ではないですけどね。

ハ20 大道中学校

行先表示器には【ハ20 大道中学校】と表示されています。

ノンステップバスなので、車いす対応のステッカーが行先表示の横にあります。

フロントの中心部分には、京浜急行のエンブレムが付いています!かっこいい。

エンブレムの横のパネルは、【前扉のドアコック】ですね。

次は「公式側」を見ていきましょう。

A4156

公式側の特徴を見ていきましょう。

左から【前扉・行先表示器・中扉・中扉ドアコック・燃料給油口・機関直結式冷房装置・エンジンルーム点検口】があります。

これが公式側の主な特徴と言ったところでしょうか。

出口付近・「 京 浜 急 行 バ ス 」の近くには、車番の【A4156】と書かれています。

このバスは、「中乗り前降り」タイプの車両ですね。

次は「非公式側」を見ていきましょう。

逆T字タイプ

非公式側の特徴を見ていきましょう。

右から【前輪・非常口・後輪・機関直結式冷房装置・エンジンルーム点検口・空気吸入口】があります。

これが非公式側の特徴と言ったところでしょうか。

ホイールは、8穴スチールを使用しています。中型車なので「中型用」を使用してます。

窓ガラスは、運転席・非常口・1番後ろの窓以外は【逆T字仕様】になっています。少しだけですが、開けることができます。

次は「リア」を見ていきましょう。

 

これぞ「KL-規制車」だね

行先表示器には【ハ20 大道中学校】と表示されています。

エンジンパネルには、乗降中表示灯・ナンバー・車番が付いていますね。

ブレーキランプは、少し上の方に付いていますよね。これは【KL-規制車】の特徴です。

さて、エンジンの型式&馬力&トルクは・・・

型式は?J08C<J-VA> 直6エンジン
馬力は?220PS
トルクは?569N(58㎏/m)

こちらになります。

まとめ

今回は、バスコレクション 京浜急行バスオリジナルバスセットⅣ【日野レインボーHR】をご紹介しました。

プロトタイプされた「A4156」は、衣笠営業所に所属していました。残念ながら2014年の3月に廃車となりました。

もともとは、大森営業所に【M4156】として納車されました。

それでは、今回は失礼します。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »