過去と今を比較|東陽バスが誇る【30番 泡瀬線】の長尺ブルーリボン&ISUZU ERGA!?

県庁北口バス撮影

初代ブルーリボンからいすゞエルガに受け継がれる30番線

・今回は、東陽バスが所有する元 千葉内陸バス の【沖縄200か515】&元 東武バス の【沖縄230あ218】をご紹介します。

TOYO BUS 唯一の長尺ブルーリボンや、実はISUZU ERGAな218号車(

1992年式の『U-代』と2005年式の『KL-代』の差をじっくりお楽しみください♪

・それでは、さっそく見ていきましょう。

 

日野ブルーリボン 515|MPAA

東陽バス長尺ブルーリボン1992年式の車両だが、フルカラー行先表示器を装備しており、沖縄らしさ満点の1台だ。

バス会社東陽バス株式会社
製造会社日野自動車[HINO]
型式U-HT2MPAA
年式1992年式[平成4年]
車両ナンバー沖縄200か・515
備考丸目型ヘッドライト車

・30番(泡瀬線)と言えばやはり、旧カラーの日野ブルーリボンですよね!とても似合っています。

逆T字窓+後扉 を装備する激レアな長尺車は、いつ見ても最高です(*´ω`*)

兄弟車の516号車は新カラーに更新されており、個人的にはデジタル幕に変更されていても【515号車】の方が好きです♪

 

沖縄200か515エンジンは、日野純正のM10U型を装備しており、馬力は230PS・トルクは686N(70㎏/m)だ。

・全長10.28m のMLAAと全長11.15mもある今回のMPAAのどちらも、実は同じエンジンが使用されています!

絶対に必要なパワーが違うような気もしますが、いったいどうなっているのでしょうか(

現在は、引き戸タイプの後扉は使用されていませんのでご注意ください。

・東陽バスのリアに東陽の広告!?かと思いきや、東海輪業 でした(;・∀・)

 

KL-LV280L1改|東武2681

東陽バスLV2802020年10月頃から運行開始した 東武2681 。現在は[沖縄230あ218]として活躍中だ。

バス会社東陽バス株式会社
製造会社いすゞ自動車[ISUZU]
型式KL-LV280L1改
年式2005年式[平成17年]
車両ナンバー沖縄230あ・218
備考泡瀬営業所 所属車

・初代ブルーリボンも車両によっては今年で【30歳】!そりゃ、置き換えが始まるのも納得せざるを得ないですよね~。

まぁ、置き換え車も今年で【17歳】ですけどね()しかも、8PE1-N という[V8エンジン]を搭載しています(*’▽’)

初代ブルリ(515)・エルガ(218)には実は共通点があり、それはフルカラーデジタル行先表示器に変更されていることです!

おさらい

沖縄の長尺ブルーリボン初代ブルーリボンのリアナンバーは、独特な取り付け方となっている。さすがは、日野だ。

・今回は、東陽バスのメイン路線【30番 泡瀬線】の過去と今の使用車両を比較してみました。

515号車には、いろいろと魅力がありすぎて乗りたい!の一言でした♪

218号車は、久しぶりのISUZU車ということもあり、これから何年ほど活躍するのかが気になりました。

・それでは、今回は失礼します。画像はすべて安全に配慮して撮影しました。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »