【リゾートビーチ】東京バス

長野-東京 60周年記念バスコレ|ハチャメチャな【PJ-KV234L1】が製品化!

マニアが認めるバス模型

トミーテックが誇る バスコレ 初の[PJ-KV234L1]をレビュー

・今回は、長電バス長野-東京線 開業60周年を記念して発売された【東急バスのまま】なブルーリボンⅡをご紹介します。

長野-東京線を長電バス・東急バスが同時に運行開始したという縁があり、このコラボが実現しました!

残念ながら1号車の〈PJ-MP35JK〉は製品化されませんでしたが、新規金型であるPJ-代の【L尺】が楽しめることに感謝感激👍

・それでは、さっそく見ていきましょう。

 

東急バス AO753|PJ-KV234L1

長野バスと東急バスコラボ

バス会社 長電バス株式会社
製造会社 日野自動車[J BUS]
型式 PJ-KV234L1
年式 2007年式[平成19年]
車両ナンバー 長野200か18-39
備考 元 AO753

・東急バスの【PJ-KV234L1】・・・ではなく長電バスの〖L尺〗かっこいい(*´ω`*)

関東圏や移籍先で馴染み深い【L尺】は、実車・バスコレのどちらも需要度高いですよね♪

 

前面のエンブレムに注目!

長野-東京高速バス

・デジタル行先表示器には【61|長 野 駅 】と表示されています。

前面には、Anniversary 60th 長野⇋東京 おかげさまで60周年と書かれた記念エンブレムが取り付けられています!

・車体側のヘッドライト上部に元の車番[753]の数字がひっそりと残っています♪

 

L尺最大の特徴を披露

長電バスのバスコレ通常のN尺ワンステはホイールベース5.3mに対して、今回のL尺は[4.8m]であり、これぞ〈L尺車〉最大の特徴である。

・公式側の中扉付近にも、前面同様のエンブレムがラッピングされており、長電バスさんの本気度を実感しました!

普段なら【東急バス】と書かれている赤の帯に、今回は長電バスと記載されているのにも関わらず、不思議と違和感を感じないのが面白いよね(

 

東急バスが長野県で活躍

・車体側面の窓ガラスは着色タイプが採用されているため、車内に入り込む紫外線が抑えられるように工夫されています。

沖縄でも馴染み深い車両なので、心から嬉しいと感じる1台です(^.^)

 

ドライブレコーダー搭載 ステッカーまで再現!?

ブルーリボンのエンジンエンジンは、LV834から受け継がれる[6HK1-TCC]が採用されており、馬力は[260PS]・トルクは745N(76㎏/m)だ。

・リアのデジタル行先表示器にも【61|長 野 駅 】と表示されています。

リアガラスも着色タイプが採用されており、元の〈AO753〉やドライブレコーダー搭載車ステッカーまで細かく再現されています!

 

おさらい

長野電鉄バスコラボ

・今回は、バスコレの歴史の中でも数少ない【PJ-KV234L1】をご紹介しました。

元の東急カラー状態・需要性の高い〔L尺仕様〕、という点が個人的に良いなと感じ購入しました(*´ω`*)

元の車番が残っていたり、細かなステッカーやエンブレムまであり、長電バストミーテックさんの気合を同時に実感しました♪

・それでは、今回は失礼します。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »