【GW満喫】エアロキング祭開催!

【バスコレ初】の国産ハイブリッド連節バスをご紹介|シターロGと比較! JRバス関東

KX525Z1 日野

バスコレ初の【国産連節バス】は JR BUS KANTO!

・今回は、2021年1月に発売された「日野ブルーリボンハイブリッド連節バス」をご紹介します。

国産初&営業車1号を兼ね備えたジェイアールバス関東の「KX525Z1」がついに手のひらサイズの1/150で楽しめる時が来ました!

普段は、特定の社員送迎用として活躍する連節バスが自宅で観賞可能!最高ですね♪

・それでは、さっそく見ていきましょう。

白河支店に所属中|福島200か21-70

バス会社ジェイアールバス関東株式会社
製造会社日野自動車「J BUS」
型式KX525Z1
年式2020年式「令和2年」
全長17.99m
所属先白河支店
車種名ブルーリボンハイブリッド連節バス
車両ナンバー福島200か21-70
バスコレナンバーN300
走行システム非対応

KV290/LV290とはフェイスが違う!

・フルカラーデジタル行先表示器には【JRバス関東】と表示されています。

一見、LV290/KV290と同じフェイスのように感じますが、「ナンバー・前ドアコック・牽引用フック」の部分が奥に沈んでいます。

また、ヘッドライトの部分も異なり、フロントターンライト・コーナリングランプと一体化されています。

・大型一枚点検扉には、『HybridHINOJR』と書いてあります。ブラックとホワイトのツートンカラーで最高です♪

給油口は左側限定!

・公式側(左側)を詳しく見ていきましょう!

前方の車両には【グライドスライドドア引き戸】の2種で、後方の車両には【引き戸】が備えられています。

前方・後方に1台ずつフルカラーデジタル行先表示器を装備しており、乗客にとって便利な工夫が施されています。

 

~ヒューブナー製の連節器を採用~

・こちらは、ヒューブナー製の連節器でございます!バスマニアが1番気になるポイントだよね♪

「KX525Z1」の燃料給油口は、連節部分の手前に密かに設置されています。ちなみに、右側にはありません。

タンクの容量は【250L】となっており、一回の給油で結構入るので良いですよね♪

・ホイールは3軸とも『ISO10穴スチール』です。黒ハブでかっこいいです~。

屋根には最新の技術がたっぷり!

・KX525Z1 の最新技術が多数搭載されている屋根を見ていきましょう!

①~③は⇩

1番目ハイブリッド用バッテリー
2番目電動式パッケージクーラー
3番目電動式パッケージクーラー

こちらになります。

・ブルーリボンシティハイブリッドと似たような仕組みになっています。ですが、連節バスのためクーラーが両車に付いています。

アイドル・ストップ・システムが作動している間も、電動コンプレッサーのおかげで『約90秒間』も空調を維持します。夏にありがたい機能だよね👍

また、クーラーが両車についているおかげで『独立制御』が可能となり、各車によって温度を調整することができます!

・連節部分の「三相交流パワーケーブル」も細かく再現されており、クオリティは完璧です👍

 

AdBluの補給口は右側限定!

・非公式側(右側)を詳しく見ていきましょう!

連節バスのため、通常のバスと違って前方・後方に【非常口】が設けられています。エアロキングと同じですね。

運転席付近には車番の『O537-20001』と書かれています。

 

・右側の後方にあるパネルの中で「何?」と疑問に思ったものが一発で分かる!

①~⑥は⇩

1番目AdBlue補給口
2番目非常口
3番目ハイブリッドインバーター
4番目冷却水などの補給小扉
5番目冷却水補給口
6番目三相交流パワーケーブル

こちらになります。

・KX525Z1のAdBlue補給口は、右側の後方に設置されています。ちなみに、左側にありません。

⑥番の三相交流パワーケーブルの役目は、屋根に設置されている【バッテリー】から送られる電流を「ハイブリッドインバーター」に伝える事です。

JR|Hybrid

・リアのフルカラーデジタル行先表示器にも【JRバス関東】と表示されています。

リアガラスには連節バスらしい、全長17.99m 追い越し注意!軸量11.765㎏ という注意書きがあります。

ナンバー灯が通常のバスと比べて結構大きいですね!ナンバープレートよりも大きいです。

・さて、エンジンの型式&馬力&トルクは・・・

型式A09C-K1 (直6TI エンジン)
馬力360PS
トルク1569N(160㎏/m)

こちらになります。

・EDSSが搭載されているため、LEDストップ&テールランプが採用されています。

走行音はこちら

・「KX525Z1」に搭載されている【A09C-K1】エンジンの走行音をお楽しみいただけます⇩

 

・最高出力「360PS」の総排気量「8.866㏄」の直6TIエンジンを搭載しています。

KV290/LV290とは違った重たいサウンドが楽しめます♪

外車VS国産車

メルセデス・ベンツ製シターロG・J BUS製ハイブリッド連節バス

・左側は、メルセデス・ベンツ製の「シターロG」、右側は、日野自動車(J BUS製)の「KX525Z1」でございます。

シターロGは『イケメン』、KX525Z1は『お馴染み』というフェイスをしていますよね!

 

・連節バスと言えば1台でも迫力があるのに「2」も並ぶと圧倒的な迫力を感じることができます(笑)

ちなみに、シターロGは『岐阜バス』の車両で、連節バスシリーズ第1弾となります。

今回のブルーリボンハイブリッド連節バスから、連節器が改良されて左右に角度をつけるのが簡単でした👍

また、シターロは窓ガラスが『外側』から取り付けられていましたが、KX525Z1は普段通り『内側』から取り付けられていました!

・シターロではバリ処理が気になりましたが、今回は改良されて良かったです。

 

シターロGよりも、KX525Z1は後方の車両が長い。外車と国産車の面白い違いだ。

スライドショーで全面観賞!

スライドショーには JavaScript が必要です。

連節バスの魅力を思いっきり感じることができますよ♪

まとめ

・今回は、バスコレ初の【日野ブルーリボンハイブリッド連節バスKX525Z1】をご紹介しました。

新規金型製造で初登場を飾るのが『JRバス関東』で本当に良かったです!バスコレナンバー「N300」記念にピッタリのバスだよね👍

屋根の部分や連結器も細かく再現されており、窓ガラスや連節部分が改良されていたのでお気に入りの1台となりました。

 

・同じ連節バスでも、外車・国産車というだけで全然違うことが改めて分かりました。

私は、シターロGより「KX525Z1派」の人ですね~みなさんはどっちが好みですか?良ければ教えてください。

まぁ、どちらも良さがあって選べないというのが本音なんですけどね(

・それでは、今回は失礼します。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »