【JR東海バス】激熱なエアロキング

激ムズ!令和顔フェイスが完全再現された【バスコレ】誕生|宮城交通

令和顔エースMS06

アクティブ・サイド・ガードアシスト用ミリ波レーダーが熱い!

・今回は、バスコレ宮城交通創立50周年記念2台セットの【令和顔エース】をご紹介します。

2021年12月頃には同型車の『九州号』も発売が決定しました!この調子でどんどん製品化していってほしいです♪

新規金型の〔New Face〕やミリ波レーダーなどにご期待ください。

・それでは、さっそく見ていきましょう。

2020年式|2TG-MS06GP

バス会社宮城交通株式会社
製造会社三菱ふそう「MFBM」
型式2TG-MS06GP
年式2020年式「令和2年」
車両ナンバー宮城200か29-23
バスコレナンバーN297
走行システムBM-03対応
シリーズ宮城交通創立50周年記念2台セット

新しい令和フェイス!

・ブラックベルト部分のフルカラー行先表示器には【 仙 台 】と表示されています。

MS9系と違って、令和顔の2TG-規制車からはLEDヘッドライトが標準仕様となりました!そのため、お顔が渋くなりました(*’▽’)

左右のバンパーもシュッとしていて魅力的です👍

・激ムズそうな〈New Face〉は完璧に再現されており、さすがはバスコレと言ったところですね。

 

側面ミリ波レーダーにご注目!

・車体左側の後輪前方にアクティブサイドガードアシスト用のミリ波レーダーが新たに取り付けられました!

これによって、運転士さんの「死角確認」の負担も少しは軽減されたのかな、と個人的に思いました👍

ちなみに、上部のパネルは【AdBlue】の給水口となります。下の方には、LEDタイヤライトも付いており、重要なものが一か所に大集合しています(

・窓ガラスには、[FUSO Aero]エンブレムと〔Free Wi-Fi〕のステッカーが印刷で再現されていました。

 

新しくなったエンジンルーバー♪

・令和顔ではない2TG-MS06シリーズのバスコレは、BKG-MS96JPの金型が使われていたため、車体右側のルーバーが異なっていました。

ですが、宮城交通からは新たに〚エンジンルーバー〛も新規金型で再現されていました!これぞ、MS0👍

・非公式側の後輪パネルは、LEDタイヤライトしかないのでシンプルです。

左折時 一時停止 します 宣言|6S10

・リアのフルカラー行先表示器にも【 仙 台 】と表示されています。

ハイマウントストップランプの上部にはベースカーと書いてありますが、意味は何ですかね?気になります。

エンジンパネルには、実車そっくり【左折時 一時停止 します】が書かれています(^^♪

・さて、エンジンの型式&馬力&トルクは・・・

型式6S10(T2) 直6TIエンジン
馬力381PS
トルク1400N(143㎏/m)

こちらになります。

まとめ

・今回は、新しくなった令和顔エース【宮城交通バージョン】をご紹介しました。

今年の12月には、めでたく九州号バージョン』も発売が決定しています!楽しみですね。

この、調子で【2TG-MS06GP改】の京急や東京空港仕様も登場しませんかね?トミーテックさん、ご検討よろしくお願いします。

・それでは、今回は失礼します。

 

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »