【リゾートビーチ】東京バス

【ふらっとバス旅】化石となったバスを発掘!|那覇バス 市内線

大型路線バスキュービック

化石のようなバスが豊富な営業所に旅しよう

・今回は、那覇バスの新川営業所に所属する【変わったバス】を数台ご紹介します。

元京急の特殊なキュービックや貴重な後扉仕様の中型バスをお見せします♪

市外線と市内線が同時に集まる新川に注目です!

・それでは、さっそく見ていきましょう。

 

一目でわかる|大森所属のバス

那覇バスキュービック曲線ボディを見せつける元M2642。もちろん、大森所属車だ。

バス会社 那覇バス株式会社
製造会社 いすゞ自動車[ISUZU]
型式 KC-LV380N
年式 1996年式[平成8年]
車両ナンバー 沖縄200か・663
備考 4枚折り戸仕様車

・主に2番や5番などの『新川営業所三重城線』を担当しています。

那覇市のパレットくもじ前バス停や三重城バス停で待つと、基本的には乗車できると思われます。

 

※パレットくもじ前バス停。(三重城向け)

 

※三重城バス停。(新川営業所向け)

 

車体が傾くほどの右折!

大型路線バスキュービック冷房装置は床下に装備されているため、屋根はフラットだ。現代のバスではまずあり得ない。

・N尺という通常仕様車でも驚異の全長10.78mです!運転には相当の技術が要求されそうです。

車内のカーテンは元のままでしょうか?味を感じます(*´ω`)

 

王道のいすゞキュービック

KC-LV280L那覇バスゼクセル特製のエアコンを装備するLV280L。L尺は全長10.28mだ。

・キュービックって、車体側面も特徴的でかっこいいですよね(*‘∀‘)

那覇バスや琉球バスの車両は、前扉まで珍しく塗装が施されているんですよ!

 

いすゞ×2+富士重×1

いすゞと富士重左から引き戸仕様・3枚扉仕様・後扉仕様となっている。

・一見、同じキュービックに見えますが、右側の車両は3ドア車です!

また、右の富士重8Eは後扉車となっています(*´ω`) 新川はバスの宝庫です(

現役のM2641号車|沖縄200か680

M2641京急バス663号車の兄弟車のため、同様に大森所属だった。

バス会社 那覇バス株式会社
製造会社 いすゞ自動車[ISUZU]
型式 KC-LV380N
年式 1996年式[平成8年]
車両ナンバー 沖縄200か・680
備考 元M2641号車

・現在、同型の現役キュービックは【合計3台】となっています。

ちなみに、もう1台は 沖縄200か679 という元[M2640]でございます。

 

おさらい

キュービックのリア那覇バスのキュービックが数多く生き残るのは断然 新川営業所 だけだ。

・今回は、数多くの名車が残る那覇バスの【新川営業所】の魅力をお伝えしました。

実は、4枚折り戸部分にも水色の帯があることをご存じでしたか?

・それでは、今回は失礼します。画像はすべて安全に迷惑にならぬよう配慮して撮影しました。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »