【遅延発生】エアロキング祭が延期に!

元 KEIKYU LIMOUSINE だったニューエアロが【琉球バス】に移籍!|PJ-MS86JP

イオンモール沖縄ライカム

京浜急行バスの「PJ-MS86JP」が〖琉球バス〗に移籍したぞ!

・今回は、2020年6月頃に沖縄にやって来た元京急のニューエアロの現在の姿をご紹介します。

ついに、移籍先が分かりました!第二の人生は琉球バス交通で過ごすようです♪

毎日〈111番や117番など〉を担当するんですかね?それとも、152番で運用されたりして・・・気になるところです。

・それでは、さっそく見ていきましょう。

過去の姿から見ていこう!

・導入当初は、見た目から一発で元の事業者が分かる状態でした(

車体後方に「トイレ」は装備していない車両だったので、短距離路線を主に担当していたのでしょうか?

ちなみに、サブエンジンは『三菱純正』を採用しています♪

 

・PJ-規制車のため、折り戸に取り付けられているウィンカーが「クリアパーツ」になっています。

ホイールは三菱マーク付きの【8穴スチール】です。KEIKYU のスイングMS8は、アルコアなんですけど、折り戸車は違うんですよね~何か理由とかありますかね?

・それでは、レインボーカラーに変更された現在の姿を見ていきましょう!

Before After

・KEIKYU LIMOUSINE カラーだった【PJ-MS86JP】が、琉球バス仕様のレインボーカラーになりました!

ホイールがスチールなので、ホワイトで塗装されています。意外なことに不思議と違和感は感じませんでした。

まだ、ロゴなどが貼られていないので確定とは言い難いですが、今後は【高速バス】として活躍すると思われます。

・ちなみに、後方のパネルに〈琉球バス交通〉と書いてありました。

 

PJ-車はエンジンパネルにもブレーキランプが取り付けられており、KL-代のV8車とすぐに見分けることが可能。

まとめ

・今回は、KEIKYU LIMOUSINE カラーから【琉球バス】カラーに変更された現在の姿をご紹介しました。

初代セレガや同じく元京急の〈KL-MS86MP〉などの置き換え車ですかね?それとも、152番で活躍する〈746号車〉のですかね?

今後の動きに注目ですね!早く乗車してみたいです。

・それでは、今回は失礼します。画像はすべて敷地外から撮影。

 

0

1 COMMENT

ギョーカイ人

三菱マークがあるのはフロントホイールハブカバーです。
ホイールに三菱マークは入っていません。

0
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »