【リゾートビーチ】東京バス

京浜急行バス|初の廃車エアロエース【K5807】が沖縄にやって来た!

京浜急行バス K5807 沖縄 エアロエース 廃車

京浜急行バス|初の廃車となったエアロエースが沖縄に!

・今回は、2020年8月に初めて廃車となったエアロエース【K5807】をご紹介します。

まさか、初の車両が沖縄の那覇バスに導入されるとは・・・

2008年式の高速仕様なので「老朽化」や「走行距離など」が原因でしょうかね。

・それでは、さっそく現在の【K5807】の姿を見ていきましょう!

 

東京スカイツリー現役時代の姿。

京浜急行バス「K5807」

2020年12月上旬ごろにやって来た。

元のバス会社 京浜急行バス株式会社
製造会社 三菱ふそう
型式 BKG-MS96JP
年式 2008年式「平成20年」
ご年齢 14歳 2022年現在
元の車両ナンバー 品川200か18-27
元の車番 K5807

・2008年式の「K5807号車」が沖縄にやって来ました!京急エース初の廃車という特徴があります。

・ちなみに、もともと「京浜島営業所」に所属しており、主に『スカイツリーシャトル羽田空港線』を担当していました。

 

車体側面!

初期型ならではの 8穴アルミ だ。

・車体は全体的に「ピカピカ」していてとても綺麗でした。

BKG-規制の車両なのでホイールが【8穴アルミ(アルコア)】になっています。ちなみに、エンジンは「6M70(T2)」です。

ダイムラーとの共同開発エンジンではなく、三菱純正で『PJ-MS86JP』から引き継いでいます。

 

元の車番「K5807」がくっきりと残っている。また、「Free Wi-Fi搭載車」のステッカーも薄っすらと残っている。

 

トランクの「国際線ターミナル」・「第一ターミナル」・「第二ターミナル」のステッカーが跡が残っている。

 

近くには「G1257」&「Y3744」が停車していた。

 

スカイツリータウンに乗り入れていたバスがトロピカルな雰囲気に!

バスコレで完全再現!

京浜急行バスオリジナルバスセットⅣ より。

・先ほどの「K5807」が停車しているのをバスコレで再現してみました!

ちなみに、製品化された車両は【K5344】です。2013年式の「QRG-MS96VP」です。

そのため、ホイールが「10アルミ(アルコア)」で、エンジンは「6R10(T2)」です。

・まぁ、雰囲気が似ているので完全再現ということで(

 

まとめ

元の車番が薄っすらと残る。

・今回は、沖縄にやって来た【K5807】をご紹介しました!

現在は、那覇バスの高速バスとして「111番や117番など」の那覇空港線に投入されています。

・それでは、今回は失礼します。画像はすべて敷地外から撮影しました。

 

3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »