横浜で活躍していた日野ブルーリボンシティ|沖縄に降臨【那覇バス】AO437

東京のバスが沖縄に

横浜市で活躍していたバスが沖縄第二の人生を過ごす

・今回は、横浜市青葉台で主に活躍し、沖縄に移籍した元【東急バス ブルーリボンシティ】をご紹介します。

2013年ごろには、東京都市大学の広告が貼られていた車両でした。

長尺+4枚折り戸という東急仕様のシティをお楽しみください。

・それでは、さっそく見ていきましょう。

 

新川⇔開南⇔三重城線を担当中

東急バスAO4371147号車は、第一交通系最後の日野ブルーリボンシティのため、非常に価値が高い。

バス会社那覇バス株式会社
製造会社日野自動車[HINO]
型式KL-HU2PREA
年式2003年式[平成15年]
ご年齢19歳 2022年現在
車両ナンバー沖縄200か11-47
備考系統番号2番の担当車

・主に、1147号車(元AO437)2新川営業所開南パレットくもじ三重城線を担当しています。

新川営業所とは・・・⇩

 

・新川営業所は、那覇バスの市内線がメインの場所となっています。研修車なども所属していますよ♪

終点・折り返しポイントの三重城(みえぐすく)は⇩

 

・こちらになります。目の前には、かねひで というスーパーや、有名なパシフィックホテルもありますよ♪

系統番号2番の現在位置情報が知りたい方は⇩

 

沖縄旅行に必須|路線バスの【現在位置】が分かる便利アイテムの使い方を伝授

スーパーロングボディ(笑)

長いバス全長は驚異の11.39mだ。12m級の観光バスと同じため、運転は極めて困難だろう。

・PREA というモデルのタイプは、全長がとても長く4枚折り戸でも違和感はありません。

市内線のため、一律240円でどこまでも乗車することができますし、実際に中扉も開閉します♪

 

東急バスモケット※車内に他のお客さんがいないことを確認し、停車中に撮影しました。

・なんと、車内のシートモケットは【元のまま】でした!シートも今年で19歳でしょうか。

ザ・関東のバス、という雰囲気ですよね(*´ω`)

カーテンなども当時のままだと思われます。

 

おさらい

ロワジールホテル那覇バスエンジンは日野製のP11C〈PT-V〉を搭載しており、馬力は300PS・トルクは1079N(110kg/m)だ。

・今回は、沖縄で第二の人生を過ごす【日野ブルーリボンシティ】をご紹介しました。

基本的に系統2番は、特殊なキュービックなども多く面白い路線なので、マニア以外の方でも楽しめると思われます♪

・それでは、今回は失礼します。画像はすべて安全に配慮して迷惑にならぬよう撮影しました。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »