最新の元 横浜市営バスがデビュー|沖縄では珍しい日野ブルーリボンⅡ

那覇バスの1530

横浜の香りが漂う路線バスが沖縄に

・今回は、横浜市で市バスとして活躍していた路線バスをご紹介します。

普段、市民の足として走る市営バスが、沖縄で活躍する理由とは。

・それでは、さっそく見ていきましょう。

 

横浜市営から那覇バスに

那覇バスの15302022年6月中旬ごろから運行開始した。

バス会社 那覇バス株式会社
製造会社 日野自動車[J BUS]
型式 PJ-KV234L1
年式 2005年式[平成17年]
車両ナンバー 沖縄200か15-30
備考 具志営業所所属

・横浜市バスは、平均的に約10年以上たった車両は、徐々に廃車にする傾向があります。

そのため、全国のバス事業者に移籍します!

そこで、今回は沖縄の那覇バスにやって来ました(*´ω`)

 

美しい車体カラー

沖縄のブルーリボン市営の移籍車は程度にもよるが 30~40万ほど だ。

・塗りたてホヤホヤのため、車体は全体的に輝いていました♪

レインボーの帯はもちろん、ホイールもピカピカしています。

車内のカーテンは当時のままでしょうね(^^♪

 

具志営業所から出発

那覇バスの具志支店具志営業所管内の市外線を主に担当する。

・横浜市営の車両と京急の違いは、屋根のベンチレーターの形状です。

市営は2つ目が四角いですが、京急はどちらも丸形です。

唯一の見分けポイントなので、ぜひご注目ください♪

 

おさらい

横浜の市営バスエンジンは6HK1-TCCを搭載しており、馬力は260PS・トルクは745N(76kg/m)だ。

・今回は、デビューして間もない元【横浜市営バス】をご紹介しました。

現在は、那覇バスの[45|具志-那覇-三重城]線を担当しています。

・それでは、今回は失礼します。画像はすべて安全に配慮して撮影しました。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »