沖縄の予備車はここが違う!|残り2台となった【観光仕様の路線バス】

西原シティ

沖縄ならではの【トップドア仕様 いすゞキュービック】をレビュー

・今回は、那覇バスの西原営業所に所属する【観光マスク】が特徴的なキュービックをご紹介します。

現在、現役の車両は〚446448号車〛の2台となっており、どちらも予備車的な扱いだと思われます。

車内に取り付けられた「デジタル行先表示器」に注目です(*´ω`*)

・それでは、さっそく見ていきましょう。

 

走り続けて今年で【29年目】|沖縄22き448

那覇交通バス那覇交通時代に導入された448号車。沖縄22 というナンバーに歴史を感じる。

バス会社那覇バス株式会社
製造会社いすゞ自動車[ISUZU]
型式U-LV324L
年式1993年式[平成5年]
車両ナンバー沖縄22き・448
備考那覇交通時代に新車導入された

 

トップドアの魅力全開!

U-LV324L前扉の上部に[ISUZU]という懐かしい表記がある。

・自社発注車のため、沖縄の強い日差しを抑える『着色ガラス』が採用されています。

元は観光バス目的で購入されたのか、景色が見やすい大型の逆T字窓タイプが使用されています(^.^)

L尺仕様車とは思えないほど大きく見えますよね!やはり、トップドアの影響でしょうか。

 

キュービックの横顔

6QB2エンジン29年前のバスなので、当然ツーステップ車である。

・いすゞキュービックの1番の自慢ポイントであるフロントガラスを真横からお楽しみください♪

現代のノンステップバスからは想像もつかないような見た目ですよね~(*´ω`*)

予備車という雰囲気ですが、最新の運賃箱OKICAタッチ機をもちろん装備しております!

 

那覇交通西原営業所乗車定員数は驚異の最大78名という L尺とは思えないキュービック。Q尺290とほぼ変わらないような気がする。

 

おさらい

いすゞの名作エンジンは、ISUZU自慢の[6QB2]を搭載しており、馬力は230PS・トルクは735N(75㎏/m)だ。

・今回は、全国的にとても希少な現役の【トップドア仕様キュービック】をご紹介しました。

リヤガラスまで着色ガラスが採用されているのと、方向幕が抜けているのが特徴的です。

448号車は、基本的に【346番】で運用されていると思われますので、気になる方はチェック(*´ω`*)

・それでは、今回は失礼します。画像はすべて安全に配慮して撮影しました。

 

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »