バスマニア大興奮!レトロな【富士重マキシオン】がまだまだ健在な沖縄!

KC-RA531

琉球レトロな観光バスをレビュー

・今回は、琉球バスが数多く所有するバスマニアに人気な【富士重マキシオン】をご紹介します。

基本的にマキシオンは、豊崎具志川名護の三カ所に所属しています♪

貸切バスだけど折り戸という沖縄らしいポイントに注目です!

・それでは、さっそく見ていきましょう。

名護バスタ所属のRA531

富士重マキシオン富士重らしい大型の特徴的なバンパーが目立つマキシオン。

バス会社株式会社琉球バス交通
製造会社日産ディーゼル[富士]
型式KC-RA531RBN
年式1997年式[平成9年]
車両ナンバー沖縄22き・604
備考60人乗り貸切車

 

マキシオンの現状について

KC-RA531琉球バスが自社発注して今年で25年目だが、まだまだ現役のような雰囲気だ。

・初代セレガなどは今でも全国的に見かける機会は多いですが、マキシオンは減少傾向にありますよね。

富士重ボディ・日産製というダブルパンチが拍車をかけているのでしょうか。

日野やいすゞ製だとまだまだ部品供給もありそうですが、NISSAN DIESEL はどうなんでしょうか?

 

貴重なバスの並び貴重なバス同士がふつうに並ぶ沖縄。最新のJ BUSのようだ。

・左側の516号車は、同型車ですが[96年式]となっています。

フロントナンバー取り付け部分の形状が、97年式の604号車と若干異なっています。

 

おさらい

沖縄の貸切バスエンジンは、自慢の[RG8]を搭載しており、馬力は350PS・トルクは1226N(125㎏/m)だ。

・今回は、沖縄のレトロな貸切バス【富士重マキシオン】をご紹介しました。

ちなみに、ボディの型式は富士重工17型M通称(7HD)となっています。

・それでは、今回は失礼します。画像はすべて安全に配慮して敷地外から撮影しました。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »