【リゾートビーチ】東京バス

最新の安全装備が豊富な三菱ふそう製の大型観光バス|空港リムジンバス仕様をレビュー

2TG-MS06GP

三菱ふそう 自慢のエアロエース

・今回は、バスコレ31弾でも登場する【令和顔エース】をご紹介します。

実車の魅力やふそう製の近未来的なセンサー類にご注目(*’▽’)

・それでは、さっそく見ていきましょう。

 

沖縄のリムジンバスで活躍中

沖縄のリムジンバスMS0ならではのFUSOエンブレムが取り付けられている。

バス会社 沖縄バス株式会社
製造会社 三菱ふそう[MFBM]
型式 2TG-MS06GP
年式 2020年式[令和2年]
車両ナンバー 沖縄230あ・394
備考 Airport Limousine仕様

・現在、沖縄バスのリムジンバスは主にMS0が担当しています。

Free Wi-Fi 搭載の快適な車両で、名護まで向かうことができます(^^♪

 

最新の安全装備

アクティブ・サイド・ガードアシスト令和顔からはアクティブ・サイド・ガードアシストが標準装備となった。

・令和フェイスのMS0からは、巻き込み防止用の〖アクティブ・サイド・ガードアシスト〗が標準装備となりました。

フロントはもちろん、車体側面にもミリ波レーダーが取り付けられました。

また、EDSSや最新の衝突被害軽減ブレーキ『ABA4』も同じく標準装備です(*´ω`*)

・リムジンバスのため、前面に小さなデジタル行先表示器が取り付けられています。

 

おさらい

令和顔とはエンジンは6S10(T2)が搭載されており、馬力は381PS・トルクは1400N(143㎏/m)だ。

・今回は、沖縄で活躍する最新鋭の【令和エース】をご紹介しました。

日本全国で走る様々な 2TG-MS06GP が収録された〖バスコレ31弾〗の発売日までは、実車の魅力に浸りながら待ちましょう(^^♪

・それでは、今回は失礼します。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »