【リゾートビーチ】東京バス

琉球バスのエアロミディが那覇空港に|沖縄特有のレア運用をご覧あれ

琉球バスの826

南部循環線を走るバスが那覇空港に登場

・今回は、琉球バスの南部系統を担当するエアロミディの【レア運用】をご紹介します。

普段は[108|道の駅いとまん前-南部循環線]を担当しており、この日は珍しく那覇空港を走っていました♪

・それでは、さっそく見ていきましょう。

 

琉球バスのエアロミディ

琉球バスの826エアロミディが那覇空港に姿を現すのは非常に珍しい。

・いつもなら、糸満バスタなどでしかお目にかかれない車両が空港にΣ(・□・;)

826号車は、東急バスから移籍した『三菱ふそうエアロミディ』です。

もともとは、青葉台営業所所属のAO1777号車として活躍していました。

 

バス会社 株式会社琉球バス交通
製造会社 三菱ふそう[MBM]
型式 KC-MK219J
年式 1998年式[平成10年]
車両ナンバー 沖縄200か・826
備考 普段はローカル線を担当

 

空港-糸満線

琉球バスの189番空港から糸満まで唯一直行で向かえるのは189番だけだ。

・189番の経由地は【那覇空港-道の駅いとまん前-糸満市内-糸満バスタ】です。

まさか、糸満所属のミディも189番を担当するとは・・・個人的には今世紀最大のビッグニュースです(*´ω`*)

ローカル線の車両が空港に乗り入れるなんて、不思議ですよね。

 

東急バスのエアロミディ

東急バスのAO1777同型車は那覇バスにも存在する。

・東急バスから移籍したミディは、基本的に『読谷・糸満』の二か所で活躍しています。

那覇バスの方は、45系統などの『具志』に所属しています。

側面には行先表示器がなく、代わりにサボが用意されています(^^♪

 

おさらい

東急バスのエアロミディリア側もサボで代用している。

・今回は、琉球バスのエアロミディの激レア運用時の姿をご紹介しました。

189番は、担当車が日替わりに近いので、とても興味深い路線です(*´ω`*)

・それでは、今回は失礼します。画像はすべて安全に配慮して撮影しました。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »