【遅延発生】エアロキング祭が延期に!

沖縄で初の「U-MU525TA改」!?エアロキングを2台も発見|FUSO

エアロキング MU525TA改 MU612TA バスコレ はとバス

・沖縄で新たに【エアロキング】を発見!

今回は、やんばる急行のキングでもなく、レストラン用キングでもありません。密かに導入された車両です♪

2台止まっており、どちらも型式が異なります!テンション上がります。

・それでは、さっそく誰も見たことのない「エアロキング」を見ていきましょう!

真っ白なエアロキング

・なんと!とある場所にナンバーなしの購入者不明キングが止められていました!

左側の車両には「リアガラス」がありますが、右側の車両にはありません。2台とも違うなんて面白いですね~。

また、上部のマーカーランプが左側にはなく、右側の車両にはあります。不思議ですね。

・バックアイカメラや非常口・ブレーキランプ・エンジンパネルの位置や形は同じですが、バンパーの形状は異なります。

年式や型式が違うのでしょうか?

 

沖縄で初の「U-代キング」登場か!?

・なんと、バンパーの形状がどちらも違っていました!興奮しちゃいますな~。

手前の車両は【U-MU525TA改】、奥の車両は【KC-MU612TA】だと思われます。マスク的に「MU612TX」の可能性もありますが、確率は低いと思います。

・沖縄で、U-代のエアロキングが導入されたのは初ではないでしょうか!?テンション上がりますね!

この、特徴的でシンプルな「ヘッドライト」に「ウィンカー」が良いですね♪ 最近、バスコレ化もされたので嬉しい限りです。

 

 

元のバス会社はどこだ?

・2階席の部分に注目して見ましょう!まず、どちらも『ワイパー』が装備されており、取り付けていない会社もあるので参考になります。

次に、リアと同じくフロント部分のマーカーランプも手前の車両にはあり、奥の車両にはありませんね。

2台とも元の会社が違うのでしょうか?気なりますね。

・さて、ここからは【車内モケットの柄】に注目していきましょう。

 

・おぉ!2台とも車内モケットの柄が違いますね。ということは、同じバス会社から購入したわけではなさそうです。

手前の車両は、グレーをベースに「レインボー」のような柄です。そして、奥の車両は、ブルーをベースに「レインボー」のような柄です。

ヘッドレストは、どちらも『ワインレッド』のような落ち着いた赤でした。

・いったい、元のバス会社はどこなのでしょうか?情報をお持ちの方は教えてください、お願いします。

ちなみに、2台とも屋根はありました。

まとめ

・今回は、沖縄で初導入だと思われる【U-MU525TA改】&【KC-MU612TA】をご紹介しました。

エアロキングの中でも古い方に分類される2種が、同時に見られるんて感動しました!

2021年3月頃には、バスコレでこの光景が『再現できる』と考えるとテンションが上がります♪

KEIKYU OPEN TOP BUS三浦」と「エアロキングコレクション」があれば家でもできますよね~楽しみです。

・それでは、今回は失礼します。※画像は全て敷地外から撮影。

 

豪華なエアロキングコレクション!

直6エンジン車も製品化!

 

元が判明?

・U-MU525TA改の元が判明しました!恐らく⇩だと思います。

・カーセンサーで発見したこちらのキングと車内モケットの柄が似ていたので可能性は高いと思います!

現在は、売り切れているのでさらに確率は高そうです♪

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »